[SUZUKI]AMA-MX Rd.11 ケン・ロクセンが総合優勝。最終戦を待たずして450MXのシリーズタイトルを獲得

160829_45

■2016年8月20日
■2016 AMA Pro MX選手権シリーズ第11戦
■場所:メリーランド州 バッズクリーク

8月20日にアメリカ メリーランド州バッズクリークでおこなわれた2016 AMA Pro MX選手権シリーズ第11戦、450MXクラスでRM-Z450を駆るケン・ロクセン(RCHスズキ)が、決勝2レースともに圧倒的な速さを見せ総合優勝、これによりロクセンは次週の最終戦を待たずして2016 AMA 450 Pro MXのシリーズタイトルを獲得した。

これまでの11戦22レース中でロクセンはヒート優勝18回、総合優勝8回をマーク、開幕戦からコンスタントな強さを誇り、RCHスズキのオーナー ケアリー・ハートとリッキー・カーマイケルによるチーム創設4年目にして、初となる待望のチャンピオン獲得に貢献した。

バッズクリークでもロクセンの絶好調は少しも変わることなく、朝のタイムアタック予選でトップタイムを叩き出すと、決勝第1レースでは鮮やかなホ-ルショットを決めるとそのままトップ走行へ。

ラップごとにリードを広げながら最後は後続に16秒以上の差をつけフィニッシュした。第1レースを終えてランキングトップのロクセンと2位との差は73ポイントと広がり、いよいよタイトルに王手をかけてロクセンは第2レースに挑んだ。

そして第2レースでも、ロクセンのスピードは冴えわたった。ホ-ルショットを逃しはしたものの、その後の数コーナーのうちに速やかにトップに浮上すると、そのまま第1レース同様に独走状態を作った。

2位との差は第1レースを上回る20秒以上でフィニッシュし、ロクセンは最終戦を前に76ポイントという圧倒的なアドバンテージをつけ、自身では2度目となるAMA ProMX シリーズタイトルを手にした。

「本当に嬉しい、素晴らしいレースウィークになった。」と喜びにあふれるロクセン。

「第1レースはホールショットからの1位、そして第2レースもベストなスタートはなかったけれど、すぐにトップを奪い返すことができた。2レースとも1位を取って総合優勝でチャンピオンになれたことが嬉しい、最高の気分だ。

タイトルのことは、自分ではあえてあまり触れないようにしていたが、今日勝てばタイトルが決まるのは明らかだったし、余計なことは考えず、とにかくその瞬間に向けて集中して、そしてついに達成した。

どんなときにも勝利は素晴らしいものだが、今シーズンは特に、両レース1位での総合優勝を8回も取ることができたことが嬉しい。これは昨シーズンは叶わなかったことだ。

勝利に向けてチームがあらゆる問題の解決に取り組んだことでチャンピオンを取ることができた。自分も決して諦めず、チームも決して諦めなかった成果だ。RCHスズキの皆と一緒に闘いながら、とても楽しくレースができたことに感謝したい。

母国のドイツには『1度目は容易くとも、それを2度続けるのは至難の業』という諺があるが、今回のタイトルは最高にかけがえのないものだ。

チームはよくコミュニケ-ションがとれていて、それがとても楽しかった。チームみんなの頑張りがマシンのセットアップにも反映して、最高のバイクができたことで自分もしっかり準備ができ、連勝に結びついた。

タイトル獲得に向けてチームが進化しながら、最高の結果に結びついた。夢が叶ったんだ。」と結んだ。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る