[HONDA]ARRC Rd.4 サリムがダブルウイン。両レースでHonda勢が表彰台を独占

160822_60

■2016年8月6日(土)、7日(日)・決勝
■会場:セントゥール・インターナショナル・サーキット

スーパースポーツ 600cc(レース1) レポート

アジアロードレース選手権(ARRC)第4戦がインドネシアのセントゥール・インターナショナル・サーキットで開催されました。

鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)に参戦したライダーたちにとっては、2週連続のハードなレースを戦うことになりました。

また、6月に開催された全日本ロードレース選手権のSUGO大会で、左足かかとの粉砕骨折など、全治3カ月のケガを負った高橋裕紀(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)は欠場。岩田悟が代役で参戦しました。ラタポン・ウィライロー(A.P.Honda Racing Thailand)も、鈴鹿8耐でのケガで欠場となりました。

セントゥール・インターナショナル・サーキットは、コースの改修跡がギャップとなり、バンピーで攻略が難しいコースとして知られています。連日、路面温度が60℃を超える酷暑となり、厳しいコンディションでのレースとなりました。

ポールポジション(PP)はゲリー・サリム(Astra Honda Racing Team)が獲得。2番手にディマス・エッキー・プラタマ(Astra Honda Racing Team)、3番手にザクワン・ザイディ(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)と、Honda勢がフロントローを独占しました。また、5番手は小山知良(T.Pro Yuzy Honda NTS)。9番手は岩田となりました。

レース1は、サリムがホールショットを奪いますが、アハマド・ユディスティラ(カワサキ)が激しくプッシュして首位に立ちます。それをプラタマ、小山らが追いかけ、トップ集団は8台に。そこからユディスティラ、プラタマ、サリム、小山が抜け出して激しいトップ争いを繰り広げると、その集団にザイディが追いつき、5台による争いに発展しました。

レース終盤には、リードするユディスティラが転倒してプラタマが先頭に。サリム、ザイディ、小山が続きました。最終ラップの攻防となりザイディが前に出ますが、小山も動き、そこにプラタマとサリムが仕掛ける激しいトップ争いが展開、そうして真っ先にチェッカーを受けたのはサリムでした。

続いて0.094秒差でプラタマ、0.323秒差でザイディ、0.843秒差で小山となりました。羽田太河(T.Pro Yuzy Honda NTS)は7位に入るシングルフィニッシュ。岩田は9位争いを制しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る