[SUZUKI]MotoGP Rd.11 決勝 ビニャーレス、複雑なコンディション下で我慢のトップ10フィニッシュ

160822_17

■2016年8月21日
■MotoGP第11戦チェコGP
■場所:ブルノサーキット

MotoGP400戦目となるチェコGPは、朝から降り続けた雨が上がったばかりの、極めて難しいコースコンディションで決勝がスタート。レース中にピットイン、マシン交換の可能性も視野に入れ、チームスズキエクスターライダーのふたりは共に前後ソフトタイヤを選択。

しかしコースの乾きが思いのほか遅く、序盤こそ快走を見せたふたりが、共に徐々にペースダウン。レース終盤になって路面が多少乾き始めたものの、ほとんどのライダーがピットインなしでレース周回数を走り切り、フロントタイヤの消耗が激しかったビニャーレスはなす術がなく、我慢の走りでトップ10を死守。

一方、朝のウォームアップでポジティブなセットアップを見つけたエスパルガロは、それを証明するごとく、レース序盤でアグレッシブな走りを見せていたものの、残り周回数を約3分の1残したところでエンジントラブルに見舞われ、無念のリタイヤとなった。

【フォトギャラリー】
◆【SUZUKI】MotoGP Rd.11 ビニャーレスが、我慢のトップ10フィニッシュ

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る