[YAMAHA]MotoGP Rd.11 予選 J・ロレンソが2番手フロントローを獲得

160822_12

RACE DATA

■大会名称:第11戦チェコGP
■開催日:2016年8月20日(土)予選結果
■開催地:チェコ共和国/ブルノ(5.403km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:40度
■PP:M・マルケス(1分54秒596/Honda)

J・ロレンソが2番手フロントロー

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが速さを見せて予選2番手を獲得。チームメイトのV・ロッシも6番手と健闘した。

ロレンソはフリープラクティス第3セッションと第4セッションともにトップタイムと好調で、QP2も果敢に攻めていった。

15分間のセッションを他のライダーたちがピットアウトするのを待ってスタートし、前方に十分なスペースを確保したロレンソは、最初のアタックで1分54秒949をマークし、ライバルたちに0.667秒の差をつけてトップに立った。残り7分でピットイン。この時点で依然としてコンマ3秒のアドバンテージを持っており、さらに自らの記録を伸ばすべくアタックを続けさらにラップタイムを1分54秒849へ更新し、ポールポジションと0.253秒差の2番手となった。

チームメイトのロッシも、ほとんどのライダーを先に行かせてスタート。1分56秒093を記録して4番手につけたあと、次のアタックで1分55秒509へタイムを短縮。

フロントタイヤをハード・コンパウンドからソフト・コンパウンドへ交換し、残り6分で再びタイムアタックを開始するも、前方の多くのライダーに阻まれペースを上げられず、6番手で予選を終了。トップからは0.913秒差だった。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る