[HONDA]MotoGP Rd.11 フリー走行 マルケスがトップタイムをマーク。今季4勝目に向け絶好のスタート

160822_06

■2016年8月19日(金)・フリー走行
■会場:オートモトドラム・ブルノ・サーキット
■天候:曇り、ときどき晴れ
■気温:21℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

オーストリアGPからの2週連続開催となる第11戦チェコGPのフリー走行は、午前中は雲が多く小雨がぱらつく天候でしたが、午後は青空が広がり、まずまずのコンディションの中で行われました。1回目の走行時の気温は17℃。断続的に小雨がぱらつく難しいコンディションの中、1分57秒085で6番手だったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、21℃まで気温が上昇した午後の走行では、タイムを1.245秒短縮する1分55秒840をマークし、初日のトップタイムをマークました。

前戦オーストリアGPの予選で転倒を喫し、左肩を脱きゅう、右肩を強く打って、完全なコンディションではないマルケスですが、今季4勝目と3年ぶりのチェコGPの優勝を期待させる絶好のスタートとなりました。セッション中には、転倒寸前のスライドを経験しますが、それを回避したあとにベストタイムをマークしました。

チームメートのダニ・ペドロサは、午前中はトップから1.335秒遅れの9番手でしたが、午後の走行では、マルケスから0.822秒遅れの10番手。ブルノを得意とするペドロサにとっては不本意なリザルトでしたが、マシンのセットアップに集中する一日となりました。この日は、大きな変更を施したマシンで走行。セットアップの方向性を探りました。このデータをもとに、予選では大幅にタイムを短縮する意気込みです。MotoGPクラスでは2年ぶり3度目。125cc、250ccクラスを含め、通算5度目となるチェコGPでの優勝に向けて、残るセッションに全力で取り組みます。

前戦オーストリアGPでは、ジャンプスタートのペナルティーで15位に終わったカル・クラッチロー(LCR Honda)が、その雪辱に向けてセットアップに集中しました。午前に行われた1回目の走行では、トップから1.432秒差の12番手。午後に行われた2回目の走行では、1分56秒837をマーク。ペドロサに続く11番手という厳しい結果でしたが、2日目のフリー走行では、10番手以内に入ってダイレクトでのQ2進出を目指し、予選では、ペドロサとともにさらに上を狙います。

ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、1回目のセッションを1分58秒834で18番手。2回目の走行では1分58秒054までタイムを上げますが、ポジションは20番手に落としました。課題はブレーキングと旋回性。2日目のフリー走行と予選では、その改善に挑みます。

チームメートのジャック・ミラーは、前戦オーストリアGPにおける決勝日のウォームアップでの転倒で、右手首と第6胸椎を負傷しました。2週連続の開催となった今大会は、回復が十分でないため欠場することになりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る