[HONDA]MotoGP Rd.11 予選 マルケスが今季5度目のPP獲得。ペドロサは9番グリッドから決勝に挑む

160822_05

■2016年8月20日(土)・予選
■会場:オートモトドラム・ブルノ・サーキット
■天候:晴れ
■気温:26℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

第11戦チェコGPの予選は、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、サーキットベストタイムを更新する1分54秒596の快速ラップを刻み、今季5度目のポールポジション(PP)を獲得しました。

初日のフリー走行でトップタイムをマークしたマルケスは、2日目に実施されたFP3で3番手につけてQ2進出を果たしました。その後に行われたFP4では、1分56秒台を連続で刻み、セットアップが大きく前進。さらにQ2では、ライバルを圧倒するタイムでPPを獲得しました。これで通算63度目の獲得となり、歴代最多PP記録に並びました。決勝では、今季4勝目を狙います。

チームメートのダニ・ペドロサは、2日連続でセットアップに取り組みました。初日はビッグチェンジを行い、セットアップの方向性を模索。2日目は細かくセットアップを進め、9番グリッドを獲得しました。FP3では総合12番手。Q1に出場したペドロサは、このセッションでトップタイムをマークしてQ2に進出し、ポジションを上げることに成功しました。オートモトドラム・ブルノ・サーキットを得意とするペドロサだけに、決勝では、追い上げのレースが期待されます。

カル・クラッチロー(LCR Honda)は、フリー走行では総合10番手につけ、ダイレクトでQ2進出を果たしました。しかし、その後に行われたFP4で転倒を喫し、マシンに大きなダメージを与えてしまいました。この転倒で身体にもダメージがあり、Q2ではリスクを負わない走りで10番グリッドを獲得しました。

初日、2日目と、コース攻略に苦戦するティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は20番手。前日に引き続き、思うようにタイムを伸ばせませんでしたが、決勝では、コース攻略のきっかけをつかむ意気込みです。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る