【新車】ホンダ、モトクロスモデル「CRF450R」をフルモデルチェンジし、エンデューロモデル「CRF450RX」を新たに設定

160812_03

待望の2017年オフロードモデル。年内に国内発売へ

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、モトクロス競技専用車「CRF450R」のフルモデルチェンジと、このCRF450Rをベースに新開発したエンデューロモデル「CRF450RX」を発表した。

新型CRF450Rは、モトクロス競技において勝敗に大きく影響する「ホールショットの獲得」を目指して、マシンのトータルパフォーマンスが向上された。

吸排気効率と出力特性をさらに向上させた新設計のユニカムエンジンを搭載するとともに、ディメンションを見直した新設計のフレームや、衝撃吸収性と操縦安定性を高めた前・後サスペンションを採用。さらに、新開発のセルモーターとバッテリーをオプション設定とし、扱いやすさも向上した。

CRF450RXは、多岐に渡る条件でのオフロード走行を想定し、CRF450Rをベースに装備や各部のセッティングが変更されたものだ。

なお、「CRF450R」「CRF450RX」は、2016年内の日本国内発売が計画されている。

Honda CRF450R: ‘Absolute Holeshot’

Honda CRF450RX: ‘Ultimate Off-Road Weapon”

CRF450R 2017年型モデル

160812_04

160812_01

主な特長

●エンジン

Honda独創のメカニズムで、実績のあるユニカムバルブトレインを採用した水冷・4ストローク・4バルブエンジンを新設計し、充填効率と燃焼効率を高めることで、トルクと出力の向上を実現。

さらに、カムプロフィールを変更するとともに、インテーク側には新たにフィンガーロッカーアームを追加することでバルブのリフト量をアップし、ほぼ全域でのトルクと出力が向上した。

また、バルブアングルをより狭角にレイアウトし、ピストン頭部の形状を見直すことで、燃焼効率の向上を図り、トルクと出力アップを実現。圧縮比も従来モデルの12.5から13.5に変更している。

●車体・足回り

新設計のフレームは、ディメンションを一新し、フロントアップを抑えてリアの分担荷重を増やすことで、トラクション性能の向上を実現。車体はホイールベースのショート化を図り、コンパクトな設計としている。

足回りについても見直しを行い、フロントサスペンションにバージョンアップしたSHOWA製のコイルスプリングを採用。リアサスペンションは搭載位置を低くし、センターにレイアウトすることで、走行時の安定感を向上させた。

さらに、スイングアームの軽量化と短縮化により、バネ下重量を軽減し、軽快性とトラクション性能の向上に寄与している。

●スタイリング

トータルパフォーマンスを向上させたマシンにふさわしい、シャープで無駄のないスタイリッシュな外観としている。

ライディング時によりスムーズな動きができるよう、各部の凹凸をより低減したスムーズ・サーフェスデザイン。なお、グラフィックデカールは摩擦や高圧洗車による剥がれを防ぐ、インサートフィルムグラフィックを新たに採用。

車体色には、Hondaモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、一目でHondaのモトクロスマシンと分かる存在感のあるスタイリングとしている。

●その他の装備

新開発のセルモーターとバッテリーをオプション設定し、始動時の扱いやすさの向上を実現した。

CRF450RX 2017年型モデル

160812_05

160812_06

160812_02

主な特長

多岐に渡る条件でのオフロード走行を想定し、CRF450Rをベースに装備や各部のセッティングを変更した。

・セルモーターと付随するバッテリーを装備
・フューエルタンクは、8.5L容量の樹脂製を採用
・サイドスタンドを装備
・タイヤは、フロントに21インチを、リアには18インチのダンロップ製を採用
・フロントとリアサスペンションのセッティングを最適化
・イグニッションタイミング(モード設定)の変更
・エンジンハンガーの剛性を変更

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る