ホンダ、鈴鹿8耐特集 THE STORY F.C.C. TSR編2「鈴鹿8耐の勝利はならず、だが戦いはまだ続く」を公開

160809_36

いつもリラックスした表情で笑顔も多い、パトリック・ジェイコブセンがF.C.C. TSR Hondaのピットの中でじっと前だけを見つめて座っていた。決勝の前日に1周だけの全力タイムアタックを各チーム2名のライダーで行い、スターティンググリッドを決めるトップ10トライアルが始まろうとしていた。

前日の公式予選では、第1ライダーのジェイコブセン、第2ライダーのドミニク・エガーター、第3ライダーの渡辺一馬が、それぞれ20分のセッションを2回ずつ走った。チームとしては、6回目の走行でエガーターが出した2分08秒403がベストタイムで全体6番手。トップチームは2分07秒を切り、Honda勢の最高位だったMuSASHi RT HARC-PRO.は2分07秒026とトップに迫るタイムを出していた。

そんな中、7月4日(月)からの3日間と、7月13日(水)のメーカー合同テスト、14日(木)のタイヤメーカー合同テスト、そして8耐ウイークに入ってからのフリー走行と、F.C.C. TSR Hondaは2分8秒台を安定して記録していた。

160809_33

トップ10トライアルは予選10番手以内の下位のチームから順番に走るので、ジェイコブセンは5番目のスタート。マシンに乗りチームに見送られながらコースイン。ピットのモニターに映し出されたその走りは気迫にあふれるもので、コーナーをクリアしていくたびに、次に走るエガーターやスタッフが興奮した声を上げていた。

記録したタイムは2分07秒248と、その時点でのトップタイム。続くエガーターも2分07秒台に入れ、決勝グリッドは4番手が決まり、Honda勢の最高位となった。

ライダーのがんばりも大きいが、ここにきて突然2分07秒台に入ったのはなぜか。チームスタッフに問うと、これまでは決勝レースを想定した仕上げと走りに徹していて、新品タイヤを使用した本気のアタックはしておらず、予選ではトップ10に残ればいいという割りきったものだったと話してくれた。

メーカー合同テストの際に藤井正和監督が「8耐って山登りに近いんです。コースレコードを作るとか、何秒出すとか二の次、三の次。やらないといけないことはいっぱいあるけれど、とにかく本番の決勝で一番いい状態にするために仕上げていけばいい」と言っていた。

チームは藤井監督のこの考えを徹底して、マシンを仕上げていたのだ。

160809_34

7月31日(日)決勝の朝、藤井監督は「昨日の走りはすごかったでしょ。シビレたね。今日はやるよ、勝ちに行くから」と自信に満ち、はっきりとした口調で語った。

決勝のスターティングライダーを担当するのはエガーター。カウントダウンからル・マン式スタートでマシンに駆け寄り第1コーナーへ。8時間後のゴールに向けたF.C.C. TSR Hondaのレースがスタートした。

トップ争いをしながら1周目、2周目は2番手、3周目から3番手、トップグループの好位置につける順調な出だし。だが、7周目に入ったときにアクシデントが襲った。ピットスタッフの言葉にならないような驚きと溜息が混ざったような声の中、モニターに土煙の中で青いCBR1000RRを必死に起こそうとしているエガーターが映った。

160809_35

「鈴鹿8耐の勝利はならず、だが戦いはまだ続く」 – F.C.C. TSR Honda

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る