[Kawasaki]ARRC Rd.4 Yudhistiraがレースを支配するも、悔いが残る結果に終わる

160809_32

■ 2016年 アジアロードレース選手権 第4戦 インドネシア大会
■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250
■ 開催日:2016年8月7日(日)
■ サーキット名:セントゥール・サーキット(3.965 km)

鈴鹿8時間耐久の熱が覚めやらぬまま、アジアロードレース選手権第4戦は8月5~7日の日程で、インドネシア・セントゥールサーキットで開催された。

一部の参加者は2週連続の真夏のレースで疲労の蓄積が心配されたが、湿度が低く、朝晩は鈴鹿よりも涼しいことが救いとなった。

Manual-Tech Kawasaki KYTのエースYudhistiraにとって、ここセントゥールは昨年初優勝を遂げたコースであり、今年も優勝が期待された。一方、マレーシアのBike ART KawasakiはエースKamaruzamanが鈴鹿での負傷が完治していないため、今大会をキャンセルし、AP250に参戦するMuzakkirのみのエントリーとなった。

セントゥールサーキットは、かつては世界スーパーバイク選手権も開催されたことがあるコースであるが、十分なメンテナンスが行われていないため、コース表面のアスファルトははがれ、バンプも多く、マシンのセットアップや独特のライン取りなど、ライダーを悩ませるコースでもある。

Race1 レポート

大会初日はフリー走行3回が行われる予定だったが、通関トラブルによりタイヤの到着が遅れ、フリー走行1回がキャンセルされた。

Yudhistiraは昨年のセットアップをベースに走行を開始、予選に向けてまずまずの感触を得たが、タイヤが変更されている分の微調整を行うには時間が不足していた。鈴鹿4時間耐久に出場したチームメイトのFadlyは、その経験を生かし、安定したラップを刻めるようになってきていた。

翌6日の予選、ほとんどのライダーがリアにソフトを選択してコースイン、Yudhistiraは開始早々1’29.754で暫定トップに立つ。しかし直後Zaidi(Honda)が1’29.746とわずかにYudhistiraを上回る。

セッション終盤、タイヤを交換して再度アタックしたYudhistiraはセッション中ベストを0.002秒上回る1’29.752を記録したが、同様にアタックしたSalim(Honda)、Pratama(Honda) に先行を許し、4番グリッドからのスタートとなった。しかし、この4台のタイム差はわずかに0.122秒。まさに大混戦が予想された。

午前に行われた予選に引き続き、午後14時30分にレース1はスタートした。

好スタートを決めたのはSalimだったが、3コーナーの進入でYudhistiraがトップに立つと、中盤までトップをキープしレースを支配する。16周で行われるこのレース、このまま逃げ切ることが期待されたが、11周目の10コーナーへの進入速度がわずかに高すぎた。レコードラインをわずかにはずしたことで路面のうねりにフロントをすくわれ痛恨の転倒、レースは2番手を走行していたSalimが優勝した。2位にPratama、3位にZaidi。

チームメイトのFadlyも4周目の3コーナーで転倒を喫し、地元開催でありながら成績に見結びつけることができなかった。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る