[KTM]MXGP Rd.15 再び450SX-Fに乗り換えたカイローリが総合優勝!

160809_31

『2016世界モトクロス選手権/第15戦スイス』。
Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に参戦した#222Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)は1-5で総合優勝、#259Glenn Coldenhoff(グレン=コルデンコフ)は11-3の総合5位を獲得しました。

またMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)の#84Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)と#41Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)、また#46Davy Pootjes(デイビー=ポーチェス)の3人のKTMファクトリーライダーは全員、怪我のため今大会をキャンセルしました。

MXGPクラス

カイローリは今大会、再び450SX-Fを駆り土曜日の予選で最速ラップをマーク。また決勝のレース1で優勝。2位に7.5秒もの差を付けて勝利しました。

カイローリはレース2でもパワフルなスタートを決め、早々にトップに立ちましたが、追い上げてきたT・ガイザー(ホンダ)と激しいバトルを展開。その後カイローリのチームメイトであるコルデンコフとR・フェーブル(ヤマハ)がこの争いに加わります。

そのバトルはレース終盤にまで及びますが、カイローリは最終ラップで周回遅れの処理をミスし大きくタイムロス。5位でフィニッシュ。1-5で総合優勝を獲得しました。

コルデンコフは11-3の総合5位を獲得。総合では今シーズンベストの結果となりました。

カイローリのコメント
今週末は450をライドし、良い結果を得られた。これまで450のテストを継続してきたが、今日は今までで一番良いフィーリングを得ることができた。予選でもレース1でも勝つことができ、レース2も途中までトップを走っていた。

ライバル達のプッシュは激しく、多少のリスクを冒してでもポジションを上げようとしてた。自分は何とか持ちこたえようとしたが、レース1でプッシュした疲れが出てしまった。排気量が異なるマシンへの乗り換えは想像以上に難しい。

くわえて周回を重ねたコースは轍が深く、一段と難しくなっていた。そこに周回遅れのライダーと自分の走行ラインがクロスし転倒してしまった。残念な結果になったが、これから2週間の休暇があるのでそこでリフレッシュして次戦に挑みたい。

コルデンコフのコメント
フィーリングもスピードも問題ない。しかしライバル達と拮抗していて、スタートをミスしたレース1は、その後順位を回復することができなかった。

レース2ではスタートが決まり、スタートから上位をキープすることができた。ここ数週間、テストを重ねマシンの熟成を進めてきた。このテクニカルなトラックで好結果を得られたことは、その成果があらわれている証拠だ。このフィーリングを維持して次戦に臨みたい。

次戦/第16戦は8月28日(日)、オランダで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1, Tony Cairoli – KTM
2, Gautier Paulin
3, Clement Desalle
Other KTM
11, Glenn Coldenhoff – KTM

■MXGP/Race2結果
1, Tim Gajser
2, Romain Febvre
3, Glenn Coldenhoff – KTM
Other KTM
5, Tony Cairoli – KTM

■MXGP総合
1, Tony Cairoli – KTM
2, Tim Gajser
3, Romain Febvre
Other KTM
5, Glenn Coldenhofff – KTM

■MXGPポイントスタンディングス
1, Gajser 644 points
2, Cairoli(KTM) 545
3, Nagl 509
Other KTM
8, Coldenhoff 307

◆MX2/Race1結果
1, Max Anstie
2, Jeremy Seewer
3, Benoit Paturel

◆MX2/Race2結果
1, Max Anstie
2, Jeremy Seewer
3, Benoit Paturel

◆MX2総合
1, Max Anstie
2, Jeremy Seewer
3, Benoit Paturel
Other KTM
DNS, Jeffrey Herlings – KTM
DNS, Pauls Jonass – KTM
DNS, Davy Pootjes – KTM

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Herlings(KTM) 597 points
2, Seewer 554
3, Paturel 433

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る