[HONDA]MXGP Rd.15 ポーリンがレース1で2位、ガイザーがレース2で優勝を果たす

160808_49

MXGP レポート

Team HRCのゴーティエ・ポーリンは、フラウエンフェルトで開催された第15戦スイス大会で健闘。表彰台にあと一歩まで迫る成績で終えました。

Team HRCに所属する2人のライダーにとって、今大会は片方のレースで好結果を残しながら、もう一方で苦戦を強いられるという、それぞれが一喜一憂する大会となりました。レース1でポーリンは2位に入り、表彰台への手応えを得ましたが、チームメートのイブジェニー・バブリシェフは転倒で12位に甘んじました。

続くレース2で、バブリシェフが4位となりましたが、ポーリンは16番手から追い上げる展開に。ほかにも不運に見舞われたライダーがいたこともあり、ポーリンは7位以上になれば、ポディウムに立てるはずでしたが、残念ながら転倒を喫して11位でフィニッシュ。わずか4ポイントの差で登壇のチャンスを逃しました。

一方、Team Honda Gariboldi Racingのティム・ガイザーは、ハラハラする2レースの末、ポディウムに登壇しました。

この日のガイザーは、とても力強く見えました。前日に披露したペースに裏付けられてた速さで、朝のウォームアップセッションでは2番手。レース1では、アントニオ・カイローリ(KTM)と1-2で1コーナーを立ち上がりました。残念なことに、ガイザーはオープニングラップの途中で、散在していた穴の一つにはまり、ハンドルバーを飛び越す形でクラッシュ。集団の先頭で倒れたにもかかわらず、幸いにもだれにも轢かれることなく、30番手で再スタートを切りました。

集中力を切らさないようにばん回し始めたガイザーは、パッシングを困難にする深いわだちをものともせず、1周目を22番手でクリア。その後もハイペースを取り戻したガイザーは、9位でチェッカーフラッグを受け、9ポイントを獲得しました。

レース2でもいつもの展開となり、ガイザーがホールショットを奪取。コーナーの出口で大きくはらんだイン側を、カイローリに突かれますが、あとを追い、再びトップに躍り出ました。その後、カイローリやロマン・フェーブル(ヤマハ)の猛追を受けつつも、ガイザーは勢いを失わずに今季15勝目となる勝利を挙げました。

2週間後の第16戦オランダ大会は、今シーズンにおけるヨーロッパでの最後の大会。ガイザーは現在、ランキング2位のカイローリに99ポイントの差をつけており、残りは3戦。アッセンで行われる第16戦を終えた時点で、同選手に対するリードを100ポイントにすることができれば、彼にとって初めての、シリーズタイトルが確定します。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る