ホンダ、鈴鹿8耐特集 THE STORY ハルクプロ編2「8耐の魔物に奪われたリベンジの炎」を公開

160808_06

「8耐には魔物が棲んでいる」
よく耳にする言葉である。しかし、その魔物に襲われたチームはたまったものではない。今年、MuSASHi RT HARC-PRO.の関係者には、魔物の息遣いが感じられたかもしれない。

MuSASHi RT HARC-PRO.にとって、8耐のレースウイークまでの流れは平坦ではなかったものの、決して悪くはなかった。初めて3人のライダーが集まったレース2週間前の合同テストでは、天気に翻弄されつつも着実にセットアップを詰め、全体の5番手。Honda勢としてはトップタイムをマークした。多くのレース経験を持っているからこそ、限られた時間内ですべきことが分かっているのだろう。そのあたりは本田重樹監督の言葉からも感じられる。

本田:
「対ヤマハを考えたときに、ターゲットにしているタイムやレースの周回数などを踏まえ、試行錯誤しながらマシンを仕上げました。なんとか土俵に上がれるマシンを作れたな、という感触は得られました」

ライダーも限られた走行時間をうまく配分した。特に今季からチームに加入し、マシンやコースの経験も少ないニッキー・ヘイデンには、走行時間を多めに振り分けることで全体のバランスを取った。

高橋:
「僕以外の2人が事前のテストを1回しかできなかったのが残念。本来はもう少し早い段階で3人の合わせ込みをしたかった。でも、ウイークに入ってから一気に3人のペースを上げられたし、決勝に向けての準備ができてきました」

160808_05

チームワークも万全。2人の外国人ライダー、ヘイデンとマイケル・ファン・デル・マークも目指す目標は同じだった。

ファン・デル・マーク:
「このチームに参加するのは自分の家に戻ってきたようでハッピー。スーパーバイク世界選手権のマシンと比べると、走りの印象はだいぶ違うけど、問題はないです。8耐で勝つためには速く走るだけではダメで、安定して周回することが重要。この強いチームと一緒に優勝できると思っています」

ヘイデン:
「13年ぶりの鈴鹿はレイアウトが変わっていて違う印象を受けます。テストではコースに慣れ、マシンを仕上げるために仕事は多かったけど、まだ時間が足りない。でも僕はさまざまな困難に向かうのが大好き。そして勝利するためにここに来たからね」

ここまでのライダーやメカニック、スタッフたちによる血が滲むような努力は29日(金)の予選で結実した。高橋が2番手タイムとなる2分07秒026を叩き出したのだ。これにはピットも笑顔で包まれた。そして、翌日のTOP10トライアルへの出走も決定した。

2016鈴鹿8時間耐久ロードレース THE STORY
「8耐の魔物に奪われたリベンジの炎」- MuSASHi RT HARC-PRO.

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol09
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る