【新車】キムコ、Racingシリーズ最新モデル「RacingS125」を10月14日に発売 ハイドロフォーミングフレームを採用

160805_09

”人車一体感”を追求して開発された最新モデル

キムコジャパンは、ハイドロフォーミング製法によるフレームを採用したRacingシリーズの最新モデル「Racing S 125(レーシングエスヒャクニジュウゴ)」を10月14日より発売する。

「Racing S 125」は台湾や日本で人気のRacingシリーズの最新モデル。”Superior Performance”をコンセプトにハイドロフォーミングフレームと一新された足回りによりコーナリング性能を高めたボディに、力強い出力特性の空冷4ストロークSOHC・4バルブ124cm3・FIのバトルアックスエンジンを搭載。”人車一体感”を追求して開発された。

スタイリングは、アスリートの筋肉を連想させるダイナミックなカーブのボディパネルと、露出した極太フレームにより、スポーツバイクのような力強さと、高い質感を感じさせるデザインとなっている。

カラーリングはルビーレッドとパーリーブラックの2色展開でメーカー希望小売価格は299,160円(税込)。

Racing S 125

160805_12
160805_13
160805_14
160805_15

概要

■名称
「Racing S 125」

■カラーリング
ルビーレッド
パーリーブラック

■発売日
2016年10月14日

■税込希望小売価格(税込)
299,160円

主な特徴

1. ハイドロフォーミングフレーム

フレーム
フレームには、連続した曲面と複雑な構造を可能にし、高い剛性と振動吸収性を両立するハイドロフォーミング製法によるフレームを採用。

さらに下吊式エンジンハンガーと高角度に配置されたリアサスペンションにより、モーメントレシオを減少し路面追従性を高め、あらゆるシーンで安定して快適な走行を可能とした。

2. 洗練されたスタイリング

ポジションランプ
▲ポジションランプ
ウインカー
▲ウインカー
テールランプ-1
▲テールランプ
リアショック
▲リアショック

低く構えたデュアルヘッドライトに象徴されるRacingシリーズのアイデンティティを踏襲しつつ、マッシブで躍動感にあふれるボディデザインを採用。

奥行き感のある立体デザインのヘッドライトや、U字型LEDテールランプは、一目で「Racing S」と判る個性を主張する。ボディサイドに露出するフレームは金属ならではの重厚感を漂わせ、これまでのスクーターにはない高い質感を実現した。

3. フリクションロス低減技術

シリンダーをオフセットさせることでピストンの側面圧を落としフリクションロスを低減するオフセットシリンダー。ニードルベアリングによるローラーでカムシャフトとのフリクションを抑えるローラーロッカーアーム。NASAが開発した耐熱性に優れ変形の少ないMSFC388アルミニウム素材のピストン。

これらにより、エンジン内部のフリクションロスを徹底的に抑えることで、エンジンパワーのロスを低減し、優れた出力特性に貢献させた。

4. KEIHIN 製インジェクションシステム

新たに採用されたKEIHIN製インジェクションシステムは、高精度な8ノズルインジェクターが、燃料を細霧状にすることで燃焼効率を高め、環境性能を向上させながら、スロットル操作にレスポンスよく反応するエンジン特性を実現した。

5. コントローラブルなブレーキシステム

フロントディスク
▲フロントディスク
リアディスク
▲リアディスク

リアブレーキにはコントロール性に優れたディスクブレーキを採用。フロントブレーキはスポーティーなデザインで冷却効率に優れるぺタルディスクをフローティングマウントし、ライダーの意のままに制動できるコントロール性の高いセッティングとした。

6. 自由度の高いライディングポジション

前方にフットレストを備えたフラットなフロアボードと、エルゴノミックデザインのシートは、シチュエーションによって使い分けることのできる3つのライディングポジション(アーバンモード、レーシングモード、ツーリングモード)を提供。長距離走行における疲労の低減と、スポーツ走行時のホールド性を両立している。

7. 日常の使い勝手に優れる充実したユーティリティ

自動オープンシート▲自動オープンシート

USB
▲USB
台湾仕様メーター
▲メーター(台湾仕様)
シート下-1
▲シート下

ヘビーユーザーの要望に応えるべく、メインスイッチからワンタッチでオープン可能なシートと給油口、XLサイズのフルフェイス+雨具も収納可能なシート下収納スペース、スマートフォンの急速充電が可能な5V2A USB充電ソケットなど、普段使いで大活躍するユーティリティを充実させた。

8. カラーラインナップ

カラーラインナップは、スポーティーなデザインを強調するルビーレッドとシックなパーリーブラックの2色展開。

160805_10
160805_11

主要諸元

■エンジンタイプ:空冷4 ストローク SOHC 4 バルブ単気筒
■燃料装置:KEIHIN フューエルインジェクション
■総排気量:124.8cc
■内径×行程(mm):Φ54X54.5
■圧縮比:10.3
■変速機型式:CVT
■始動方式:セルフ式
■装備重量:131kg
■全長×全幅×全高:1830 x 750 x 1100
■シート高:790mm
■軸距:1270mm
■燃料タンク容量:5.5 リットル
■タイヤ(前):110/70-12
■タイヤ(後):120/70-12
■ホイール:アルミニウム
■サスペンション形式(前):Φ33mm テレスコピック式
■サスペンション形式(後):5段階調整式ツインショック
■エンジン懸架方式:水平下懸架
■ブレーキ形式(前):240mmフローティングぺタルディスク
■ブレーキ形式(後):200mmディスク
■キャリパー(前):ピンスライド Φ27mmX2 ピストン
■キャリパー(後):ピンスライド Φ25.4mmX2 ピストン
■カラーラインナップ:ルビーレッド、パーリーブラック
■メーカー希望小売価格(税込):299,160円

情報提供元 [ キムコジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る