【新車】ブライト、「Ninja ZX-14R ABS」2017年モデルを発表 ハイグレードモデルと10月上旬に同時発売

カワサキブランドのモーターサイクル(インポートモデル)を輸入・販売しているブライトは、「Ninja ZX-14R ABS」2017年モデルを発表した。

2016年モデル同様、スタンダードモデルとハイグレードモデルという2本立てのラインナップで、10月上旬に同時発売が予定されている。主にカラー・グラフィック変更となっており2016年モデルからスペックの変更はない。

※画像は実際の輸入車両と仕様が異なる。

Ninja ZX-14R ABS

160802_01

160802_02
160802_03

2017年モデルでは車体色にメタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーンをラインナップ。
ブライト参考小売価格は1,684,800円(本体価格1,560,000円、消費税124,800円)。

Ninja ZX-14R ABS High Grade

160802_04

160802_05
160802_06

強力な高性能モデルであるNinja ZX-14Rのパフォーマンスをさらに向上させたモデルNinja ZX-14R ABS High Grade。ブレンボ製フロントブレーキシステム、リヤにはオーリンズと共同開発したTTX39リヤサスペンションを装備している。
ブライト参考小売価格は1,868,400円(本体価格1,730,000円、消費税138,400円)。

圧倒的な存在感を主張するハイパフォーマンスツアラー

高性能で扱いやすさも実現した、フレキシブルなハイパフォーマンスモデルNinja ZX-14R。 驚異的な加速力を発揮するパワーを持ちながら、ワインディングを軽やかに楽しむ事が可能。

さらに長距離ツーリングでも快適で、街中をふらりと流すことも出来る気軽さまで併せ持っている。

究極のエキサイトメントと懐の深さの両立は歴代カワサキ・スポーツツアラーの特徴でもあり、2017年モデルのNinja ZX-14Rも変わらず、高品質で高性能な数々の装備に加え、圧倒的な存在感を主張している。

主な違い

160802_07

      ▲センタースタンド

160802_08

      ▲ヘルメットホルダー

160802_09

      ▲アシストグリップ

160802_10

      ▲ハンドル位置の違い

※実際の輸入車両にはセンタースタンド、ヘルメットホルダー、アシストグリップが装着されている。
※実際の輸入車両にはロアカウルディフューザーは装着されていない。
※実際の輸入車両は画像よりもハンドル位置が高く、グリップ位置はライダーに近くなっている。

主な特徴

より快適なライディングポジション

2015年モデルよりもハンドルバー位置を高くしグリップ位置をライダーに近づいた。上方に13.2mm、手前に13.3mmさらにハンドル幅も16.8mm広くなっている。

エンジンパフォーマンス

カワサキの自然吸気エンジンの中で、もっともパワフルな1,441cm3エンジン。広い回転域にわたってパワーと強力なトルクを生み出し、トップスピードまで鋭く加速させる。

驚異的なパフォーマンスを生みつつも低回転から素直でジェントルなレスポンスを示し、街中でも扱いやすい特性。

シャーシ

最適化されたシャーシ剛性とサスペンションセッティングにより、スポーティーなハンドリングと高速域での卓越した安定性を両立。バランスのとれた車体パッケージにより、走り始めると重さを感じさせない軽くニュートラルなハンドリングと、フィードバック特性に優れたシャーシによりリラックスしたままスポーツライディングを愉しむことができる。

カワサキ独自のアルミニウムモノコックフレームと、路面追従性が高く、しかも底づきしないサスペンションによりスポーティーなハンドリングとしっかりとした高速安定性を両立している。

KTRC(カワサキトラクションコントロール)

高スペックのKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を搭載。ライディング状況に応じた3つのモードによって、スポーツライディングでのパフォーマンスや滑り易い路面でも安定した車体挙動を維持することが可能。

パワーモード

ライダーの好みや走行状況によって、任意に出力特性を選択できるパワーモード機能を装備。フルパワーとローパワーの2つのモードから選べ、ローパワーモードは、フルパワーモード時の約75%に出力が抑えられ、スロットルレスポンスもマイルドな設定となる。

KTRCやパワーモードオプションを組み合わせることによりライダーのスキルや好み、ライディングシチュエーション、路面状況等によって8つのパターンの中から最適なモード選択をすることが可能。

ABS

テストライダーや一般のユーザーから寄せられたフィードバックに基づいてECUプログラムを改良。優れたブレーキ性能を発揮する。

スタイリング

カワサキの自然吸気エンジンの中で、もっともパワフルなマシンにふさわしいオーラを醸し出している。

どの角度からみても印象的なスタイルを持っていて、インパクトがありながらも同時にバランスのとれたデザインとなっている。さらにコックピットをはじめとする細部の仕上げにもこだわり、高い質感を感じさせる。

マルチファンクションメーター

アナログ式のスピードメーターとタコメーター。メーターの盤面はブラックからハイクオリティな印象のドットパターンを採用。

中央のLCDスクリーンはライダーの好みに応じて背景色を黒と白から選択可能。初期設定は黒。メーターパネル中央に配置されたマルチファンクションディスプレイには、燃料計やギヤポジション、オドメーター、デュアルトリップメーター、時計などを表示。LCDには、瞬間・平均燃費計や、航続可能距離計、電圧計、外気温計を表示。

また、左ハンドルスイッチのマルチファンクションボタンを使用することで、グリップから手を離すことなく表示の切り替えが可能。

細部までこだわった設計

カウルファスナーを可能な限り排除することで、ボディワークの美しく、滑らかなフィット感を実現。

スタイリッシュにデザインされたトップブリッジが、コックピットまわりの上質な雰囲気を強調。さらに、ドリル加工を施したアルミ削り出しステムボルトを装備するなど細部にまで徹底した造り込みを行うことで、フラッグシップに相応しい質感を実現している。

ブレンボ製ブレーキシステム

ブレンボ製φ310mmセミフローティングブレーキディスクを装備し、厚さ5.5mm(スタンダードモデルは5mm)のステンレス製ディスクは高い効力とダイレクトなブレーキフィールを得る事が出来る。

ブレンボ製ブレーキシステムは量産車に装着可能な最高グレードの製品で、ブレンボ社で特別なチューニングを受けたものだ。

オーリンズ製TTX39リヤサスペンション

オーリンズ社との共同開発で生まれた高性能TTX39リヤショック。TTXテクノロジーは数多くのメリットをもたらす。

コーナリング性能をさらに高めるためにリヤの安定性を向上し、フリクションロスをより低減したサスペンションの作動は素晴しい減衰フィーリングを生み出し、快適な乗り心地と峠道のスポーツハンドリングを提供する。

高級感溢れるコックピット

ステアリングステムナットはグレーアルマイト処理。アルマイト仕上げのフロントフォークキャップを採用し、より質感を高めている。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIGHT ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る