[HONDA]MXGP Rd.14 ガイザーがレース2で優勝。総合ランキングトップを維持

160801_73

MXGP レポート

7月31日(日)、ベルギーのロンメルでモトクロス世界選手権の第14戦が開催され、Team Honda Gariboldi Racingのティム・ガイザーが、レース2で勝利を挙げました。

今季すでに13勝を挙げ、ランキングトップをひた走るガイザーにとって、ロンメルでの2レースは順風満帆とは言えませんでした。それでも、彼はレース2で勝つことによって、連勝の勢いが衰えていないことを証明し、今大会を総合5位で終えました。

レース1はガイザーにとってチャレンジそのもので、2度の転倒を喫しました。スタートで挟まれて8番手となったガイザーですが、集団をすり抜け、4番手まで浮上して強さをアピール。ロマン・フェーヴル(ヤマハ)とケビン・ストリボス(スズキ)とで、三つ巴の3番手争いを展開しました。

そんな中、混戦のまま終盤に入り、ガイザーはティアオフを使い果たしたゴーグルを外さなければならなくなるという困難に直面しました。すると、残り7分の時点でスリップダウンによりポジションを2つ下げ、残り5周での転倒でさらに時間をロスした結果、15位でフィニッシュしました。

巻き返しを図ろうとするガイザーは、レース2では得意のゲート・トゥ・フラッグ(先行逃げきり)での優勝を果たしました。アントニオ・カイローリ(KTM)からのプレッシャーに耐え、ロンメルの信じられないほど深いわだちだらけのサンドを、冷静に走りきりました。これでガイザーは、前日の予選における8勝目に加えて、ルーキーシーズン14勝目を挙げたことになります。

また、Team HRCのイブジェニー・バブリシェフとゴーティエ・ポーリンは、両レースともに、集団の後方からスタートすることになり、2人とも追い上げのレースを強いられました。

バブリシェフは非常に不利な外側のゲートしか選べませんでしたが、そんな状況を帳消しにするスタートダッシュで10番手に浮上。集団の混乱が落ち着いてくると、一進一退の末に、10位でチェッカーフラッグを受けました。

一方のポーリンは1周目の2コーナーで転倒。23番手からの追い上げという試練に立ち向うことになり、後方から這い上がったポーリンは、13位でフィニッシュしました。

深いわだち、穴、バンプだらけのディープサンドだけでも大変だった今大会。加えて、先に行われたMX2のレース中に降った豪雨の影響で、ティアオフを使い果たしてしまい、途中でゴーグルを脱ぎ捨てたライダーが多くみられる困難なレースでした。

レース2ではレース1以上に力強い走りをみせたバブリシェフは、終盤のバトルを経て6位でゴールしました。ポーリンは1コーナーを24番手でクリアしたあと、9番手までポジションを上げましたが、不運にも終盤のクラッシュで転倒。大会期間中は体調不良で力を削がれていたこともあり、再スタートすることができませんでした。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る