【新車】KTM、READY TO RACEな進化を遂げた2017年オフロードモデルを発表

オフロードファンの注目を集める、KTM 2017オフロードモデルが発表された。
“100%NEW”をキーワードにENDUROモデルは完全にリニューアル。昨年、大幅にリニューアルを果たしたMOTOCROSSモデルは更に熟成の進化を遂げている。

エンデューロモデル

160801_84

注目のエンデューロモデルは、”100%NEW”をキーワードに、EXCシリーズを完全にリニューアル。軽量化とマスの集中化をより追求し、最高のパフォーマンスと出力特性を得るため全モデルに新型エンジンと新型フレームを搭載したほか、新型WP製倒立48スプリットフォーク、新型WP製Xplor PDSショック&スイングアームなど、パフォーマンスを高めるために数多くの改良が加えられている。

どんな路面・状況でも確実な推進力が得られるトラクションコントロール(4ストロークエンジン搭載モデル)や、工具不要でフォークのプリロード調整ができるアジャスター(SIXDAYSモデル)など、さらに戦闘力を高める仕様も新採用。

また、2ストロークエンジン搭載モデル(125/150)は、クローズドコースで開催されるエンデューロ/クロスカントリーに特化したXC-Wシリーズとしてリニューアル。クラス最強、最軽量の実力を持つ。

モトクロスモデル

160801_79

モトクロス専用モデルを開発し続けるKTMは各モデルで妥協のない作り込みを徹底。モトクロス世界選手権、AMAスーパークロスで活躍を重ねているファクトリーモデルからのフィードバックを反映し、戦闘力を着実にアップし、扱いやすさに磨きがかけられている。

スポーツミニサイクル

加えて、キッズのための勝てるバイク、スポーツミニサイクルシリーズも、操作性と信頼性が高められた。成長に合わせ、永く使用できるよう、パワーアップキットや細かなセットアップパーツもオプションで用意されている。

KTM 2017 オフロード主要モデル(抜粋)

250 EXC–F

160801_80

450 EXC-F SIXDAYS

160801_81

150 XC-W

160801_82

350 SX-F

160801_83

2017オフロードモデル 特徴

■全モデル新型エンジンを搭載
・出力特性とパフォーマンスの改良
・新しいシャフト配置
・新型カウンターバランサーシャフト
・新型クランクシャフト
・新型エンジンケース
・新型セルスターター

■新設計フレーム&サスペンション
・高剛性と軽量化を両立した新設計フレーム
・新設計スイングアームと PDS ジオメトリー改良
・新 46φ PDS ショック
・プリロードアジャスター付オープンカートリッジスプリットフォーク

■その他
・完全新設計ボディワーク、新型フロントマスク
・2016 モデル比 10~20mm ダウンの EXC 専用シート
・新設計エキゾーストシステム
・新型リチウムイオンバッテリー搭載
・新型フィルターとフィルターサポートシステム
・トラクションコントロールを含む新 ECU&EMS(4 ストモデル)
・新オプションマルチファンクションスイッチ(4 スト 6DAYS)
・新設計スロットルアッセンブリ
・ODI 製新型ロックオングリップ

KTM 2017 エンデューロモデル価格(税込)

■125 XC-W 891,000円
■150 XC-W 885,000円
■250 EXC
(STANDARD)1,010,000円
(SIXDAYS)1,135,000円
■250 EXC-F
(STANDARD)1,090,000円
(SIXDAYS)1,240,000円
■350 EXC-F (SIXDAYS)1,350,000円
■450 EXC-F (STANDARD)1,265,000円
■500 EXC-F (SIXDAYS)1,520,000円

KTM 2017 SX シリーズ価格(税込)

■125 SX 820,000円
■150 SX 900,000円
■250 SX-F 1,020,000円
■350 SX-F 1,030,000円
■450 SX-F 1,120,000円

SPORTMINICYCLE シリーズ価格(税込)

■50 SX 370,000円
■50 SX MINI 360,000円
■65 SX 468,000円
■85 SX 580,000円

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る