[SUZUKI]鈴鹿8耐 決勝 YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEが3位表彰台獲得

160801_70

■2016年7月31日(日)
■鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝
■場所:三重県・鈴鹿サーキット

ホールショットを#17清成が奪い、その後ろを#12津田が走る

決勝日は朝8時30分から45分間のフリー走行が設けられ、11時30分スタートの決勝に向けた最後のセットアップが行われる。朝から気持ち良く晴れ上がり、気温28℃、路面温度37℃と快適なコンディションの中でフリー走行がスタートした。

このセッションの最終的タイムは#12が2’09.341で5番手、#17が2’09.668で6番手、#1が2’10.943で15番手、#32が2’12.471で20番手だった。

レースが定刻通り11時30分にスタート。絶妙の飛び出しを見せたのは#17清成だった。先頭で1コーナーに飛び込むと、そのまま後続を引き離し、2番手にコンマ5秒の差を付けてメインスタンド前に戻ってくる。また#12津田も2番手に上がり、スズキ勢がオープニングラップを1、2番手で通過する。清成はハイペースでラップし、そのままトップをキープするが、津田のペースが今一つ上がらず、3番手、さらに4番手と順位を下げていく。

スズキ勢に次々とアクシデント発生

18周目に2番手に付けていた#21中須賀が#17清成をパス。しかし清成はそのまま2番手をキープし、26周を終えたところでピットイン。加賀山にマシンを渡すが、スタンドのトラブルが出てしまってタイヤ交換に手間取り、1分30秒ほどロスしてしまい、順位を6番手まで下げてしまう。#12津田も26周してピットイン。ライダーはブルックスに変わり、3番手を走行する。

12時43分、#1アンソニーにストップ&ゴーペナルティが出される。ジャンプスタートをしてしまいイレギュラーのピットストップをし、30秒ロスしてしまう。

52周目に#17加賀山のペースが大きく遅れ、2分22秒台まで落ちる。フロントタイヤがパンクしたようで、緊急ピットインしてくる。これで順位を大きく落とし、さらに追い上げの展開を強いられる。

13時39分、#1ヴァンサン走行中にデグナー1個目立ち上がりで転倒。再スタートするが、リアタイヤはパンクしている。ゆっくりとピット戻ってきた直後、チームは驚異的スピードでマシンを修復。13時56分、転倒から約20分で#1はマシン修復を終え、コースにマシンを送り出す。その素早いピット作業に観客席から拍手が起きる。

徐々に順位を挽回するスズキ勢

76周目、スタートして2時間45分経過の14時15分に、2番手を走行していた#634のマシンがストップ。3番手を走っていた#12芳賀は自動的に2番手に、また5番手まで上がってきていた#32が4番手に、それぞれ浮上する。

ピットインのタイミングもあり、#12は3番手にポジションダウン。#12芳賀からマシンを受けとった津田が2分9秒台で前を追いかける。一時、その差を広げられるタイミングもあったが、徐々に津田はペースを戻すと102周目のヘアピンでパス。2番手にポジションを戻す。

また4番手まで順位を上げた#32だが、背後から#7ヤマハ、#01カワサキに追い上げられ、順位を入れ替えながら走行。

第5スティントから第6スティントとなり、前回のスティントでも接近戦を演じた#12芳賀と#87カワサキがまたしてもテールtoノーズになる。130Rでカワサキが前に出ると#12芳賀がシケインで抜き返し、次の周はシケインでカワサキが前に出ると、1コーナーで#12芳賀がインに飛び込んで前に。

このバトルの中でカワサキのマシンは2分8秒台を出すが、#12芳賀も2分9秒0と驚異的ペースでラップ。緊迫したラップが続く。またその後ろでは、#01カワサキと#32青木が接近戦を展開。し烈な5番手争いが繰り広げられる。こちらのペースは2分12秒から13秒台。4時間を経過し、路面温度も下がっていく中で、上位陣のペースは上がり、ハイペースバトルとなっていく。

先に#87カワサキがピットインしたこともあり、#12芳賀は164周して2番手でピットイン。ここで順位は再び3番手となる。

終盤に激しい追い上げを見せる#17加賀山

着実に走り続けてきた#17が一桁台に順位を上げ、186周目には7番手に上がり、190周してピットイン。マシンを加賀山に託す。5番手争いは#17今野が安定したペースでラップしたことで#01カワサキを突き放し、単独でこのポジションを走行する。

残り30分。#12ブルックスが3番手、#32ウォーターズ5番手、#17加賀山7番手、#1ヴァンサンが26番手をそれぞれ走行し、ゴールを目指す。

ラスト5分となったところで、#17加賀山が2分11秒台でラップ。このため、前を走る#01カワサキとの差を詰めて212周目にパスし、6番手に上がる。5番手#32ウォーターズはその25秒ほど前を走る。

19時30分40秒にトップがチェッカー。#12ブルックス3位、#32ウォーターズ5位、#17加賀山6位、#1ヴァンサン23位でゴールした。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る