[YAMAHA]鈴鹿8耐 決勝 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが2年連続で優勝

160801_52

ヤマハ通算6回目、1987-1988年以来の連覇

2016年7月31日(日)、三重県鈴鹿市で、”コカコーラ・ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会の決勝が行われ、 「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手、ポル・エスパルガロ選手、アレックス・ローズ選手が218周を走破し、2015年に続き2年連続の優勝を獲得しました。

160801_62

160801_63
160801_52

これで通算優勝回数は6回目、連覇は1987-1988年以来28年ぶりとなります。また、「YART Yamaha Official EWC Team」のブロック・パークス選手、野左根航汰選手、藤田拓哉選手は、214周を走り表彰台にあと一歩に迫る4位入賞を果たしました。

7月31日(日)午前11時30分、恒例のル・マン式スタートで火蓋を切った2016年鈴鹿8耐。「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のスタートライダーを務める中須賀選手は、3番手で第1コーナーに進入するも、ヘアピンカーブでミスしてしまいポジションをひとつ下げてしまいます。

160801_53
160801_54

しかし、ここから追い上げ、2周目に2番手に浮上するとトップの清成龍一選手(スズキ)とマッチレースを展開。中須賀選手は清成選手のペースが落ちるのを待ち、17周目のシケインでパスしてトップに浮上しました。

その後、2番手で登場したローズ選手も、まったく危なげないライディングでエスパルガロ選手にYZF-R1を託すと、そのエスパルガロ選手も速く、安定したライディングで後続を突き放していきました。

そして中須賀選手が2回目の走行に入った105周目、このレースでファステストラップとなる2分08秒441を記録。この段階で2番手のヨシムラスズキに1分40秒前後の大差を築きます。

160801_56

160801_57
160801_58

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、この後もルーティンでのピットインを繰り返し、同時にチームはピットワークを完璧にこなすと、218周を走破して連覇を達成。この218周は、二輪専用シケインが新設された2004年以降では最多周回数記録となり、ヤマハの連覇は1987年(マーチン・ウイマー/ケビン・マギー)・1988年(ケビン・マギー/ウェイン・レイニー)以来のこととなります。

160801_59

160801_60

また、世界耐久選手権のレギュラーチームでもある「YART Yamaha Official EWC Team」は、最もペースの速いパークス選手が4スティントを走行、野左根選手が3スティント、藤田選手が1スティントと、それぞれの役割をこなし、世界耐久選手権では最上位の4位入賞となりました。

160801_68

160801_67
160801_66

160801_69

「GMT94 Yamaha Official EWC Team」は、レース序盤でのマシントラブルから追い上げを強いられますが、大きく挽回し14位でチェッカーを受けました。

2016080102_013

2016080102_012
2016080102_011

コメント

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

決勝:優勝(218周:8:00’40.124)

■中須賀克行選手談
「1スティント目は、前を行く清成選手のことはあえて抜かずについていきました。ただ、去年よりも燃費が良くなっているので、燃費を稼ぐ理由はありませんでしたが、ポルとアレックスが速いので、ここで無理することはないと判断したからです。それと、ウイークを通して今日が一番暑くて、テストとはマシンが違うフィーリングだったので、少し抑えて走っていたのも事実です。連覇を達成できたことは本当にうれしいし、最高のライダーとチームに恵まれたおかげだと思います。応援、ありがとうございました」

■ポル・エスパルガロ選手談
「ドウモアリガトウ。すごくすごくうれしいよ! 僕、ナカスガさん、アレックスの3人はテストから一生懸命に仕事をして、3人ともにベストなマシンセッティングを見つけることができた。こんなすばらしいレースに参戦する機会を授けてくれたヤマハ、そしてYAMAHA FACTORY RACING TEAMをサポートしてくれたたくさんの人々に心から感謝したい。この勝利は僕たち3人のライダーだけで成し遂げたものじゃない。たくさんのメカニック、スタッフ、チームのために働いてくれたすべての人々に心からお礼を言いたい。──今は言葉にできないほどの気持ちだよ!」

■アレックス・ローズ選手談
「鈴鹿8耐での初勝利、本当にうれしいよ! レースウィークを通して、すべてがすばらしい経験だった。普段参戦しているスーパーバイク世界選手権とは違っていてはじめての経験をたくさん重ねることができたし、ナカスガさん、ポルとはコースでも、コース以外でも、仲よく過ごすことができてすごく楽しかったよ。彼らのサポートのおかげで、僕自身もいいライディングができたと思う。優勝という結果には本当に満足している。YAMAHA FACTORY RACING TEAMのみんな、チームを支えてくれた皆さんには心から感謝したい。そして、来年もぜひまた参戦したい」

■吉川和多留監督
「1年間、この鈴鹿8耐で勝つためにいろいろな準備を進めてきました。そして今日は、事前に計画した通りにレースを進めることができ、そして連覇することができました。セーフティカーが入らず、雨が降ることもなく、8時間休むことのない戦いになりましたが、218周の走破は新コースになっての最多周回数記録ということで、とても満足しています。今回は、耐久レースらしい計画通りの戦いを、ライダーはもちろんチームスタッフが一丸となって達成してくれました。応援していただいたファンやスタッフのみなさんには感謝しています。本当にありがとうございました」

160801_64
160801_65

#7 YART Yamaha Official EWC Team

決勝:4位(214周:8:02’24.705)

■ブロック・パークス選手
「4位なんていう最高の結果が残せるなんて、まったく予想していなかったよ! レース前は、トップ10に入れればいいと思っていたからね。正直なところ、レースウィーク中のチームとしてのペースはそこまで良くなかったからね。チームもマシンもすばらしい働きだった。上位進出のチャンスが高かったので、決勝中に作戦を変え、中盤以降は僕とコウタのふたりで周回を重ねることにした。結果的に僕は4時間を走ることになって、すごくタフだったけど、自分なりにベストを尽くすことができたよ。日本人のヤングライダーたちにとっても、いい経験になったと思う。最後にはいいラップタイムで走れていたしね。もちろん僕自身、まだまだいいペースで走れることを証明できた。来年はより高いところをめざして、ぜひ鈴鹿8耐に挑戦したい」

■野左根航汰選手談
「4位という結果は本当にうれしいです。でも、とても疲れました。スタートライダーのブロック選手の後を受けて走りましたが、自分の2スティント目は良かったのですが、この後にブロック選手が走って、また僕が走行することとなり、このセッションのペースが乱れてしまいました。ここで、集中して走れず、それが本当に悔しいです。ただ、今回が僕にとって初の鈴鹿8耐でしたが、とてもいい経験になったし、本当にいろいろと学ぶこともあり、今後のレース活動に向けて改善しなくてはならないことを見つけることができました。でも、4位に入れたのは、本当にブロック選手のおかげで、いい経験をさせてもらい感謝しています」

■藤田拓哉選手談
「決勝では1スティントしか走れず、本音としてはもっと走りたい気持ちがありましたが、チームの方針に従いました。ただ、自分も決勝を走っていることは事実で、このシングルフィニッシュに貢献することができたと思っています。今回、YART Yamaha Official EWC Teamの一員に加えてもらい、事前テストからいろいろと勉強することができました。今回の経験を今後の自分のレース活動に生かしていきたいし、もっと成長した自分を見せられるようにしていきたいと思います」

■マンディ・カインツ監督談
「リザルトは4位だけど、勝ったのと同じぐらい満足してるよ。チームはすばらしい働きをしてくれた。特にブロックは信じられないほどのパフォーマンスを見せたね。パーフェクトなライディングだった。若い日本人ライダーたちもそれぞれに何か得たのではないかと思う。とにかく決勝は完璧な出来だったよ! また鈴鹿8耐に参戦したいし、その時も今回のようなパーフェクトなレースをしたいね」

#94 GMT94 Yamaha Official EWC Team

決勝:14位(210周:8:02’41.444)

■デビット・チェカ選手談
「今日はすべてを出し切ったよ! 鈴鹿8耐は僕たちのチームにとってすごくハードなレースなんだ。もう気持ちは次のオーシャスレーベン8時間耐久レースに切り換えなくちゃね。僕たちが去年優勝したレースなんだ。僕はオーシャスレーベンが好きだし、いつもうまくいってるからね」

■ニッコロ・カネパ選手
「先月、ポルティマオで優勝した後、8耐の表彰台が近づいたと思ってたんだ。だから今日の結果にはガッカリしている。でも、鈴鹿サーキットを理解できたし、いいレースができたのはよかったかな。次のドイツでのレースも楽しみにしてるよ」

■ルーカス・マヒアス選手
「不運の中にもラッキーもあったかな。今回の鈴鹿8耐でデビッドとニッコロ、そしてGMT94が獲得した7点は、僕の世界耐久選手権のライダーランキングトップを守ってくれたからね。次のオーシャスレーベンでの勝利も楽しみにしてるよ」

■クリストフ・ギュオ監督談
「ライト類のトラブルが出て、修復と確認で6周を失ってしまったよ。まるで悪夢のようだった。原因を見つけて修復し、14位という結果を得ることができたが、トラブルがなければ4位だったからね。とても残念だよ。ライダーのレベルはとても高かったし、YZF-R1もすばらしいパフォーマンスを見せてくれた。鈴鹿8耐に参戦し、レベルの高い日本のチームと戦うことは、私たちにとって大きな価値がある。来年もまたここに来て、4年前のように表彰台を争いたい。また、YAMAHA FACTORY RACING TEAMの優勝を心から祝いたい。ヤマハが8耐にファクトリー参戦し、MotoGPで培った技術や人的な交流をすることは、私たち耐久チームのレベルアップにも大きな意味がある。ヤマハの一員として、今後のさらなるレベルアップに期待しているよ」

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今年の819(バイク)の日は土曜日!【8月19日】に「WebikeCAFE Meeting」…
  2. アライは、高品質を追求したスタイリッシュでモダンクラッシックなオープンフェイスヘルメット、C…
  3. アメリカンなバイカーアパレルを扱うモトブルーズは、「US Route66 アンティーク エン…
  4. バイク用品店Webikeで、フルパワー化 、スピードリミッター(180km/hリミッター)を…
ページ上部へ戻る