[Kawasaki]JMX Rd.6 カワサキ1-2フィニッシュ!新井宏彰が総合優勝、田中教世が総合2位

160729_10

■ 2016年 全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会
■ IA1
■ 開催日:2016年7月24日(日)
■ 会場名:藤沢スポーツランド

レポート

●新井宏彰の第6戦(IA1/1位/2位)

まさか今季初優勝が藤沢で実現するとは、誰も予想していなかったでしょうね。もともと苦手で勝ったことがないコースなので、自分でもびっくりしています。本来であれば、第2戦川越か第3戦広島あたりで勝たないといけなかったし、前戦神戸でも優勝したかったんですが、とりあえず苦手な藤沢で勝てたというか、無事に終わったことでホッとしています。

なぜか昨日から調子がよくて、予選も1位でした。スタートから前に出た後、成田選手に追いかけられたんですが、意外と同じペースで走れたんです。ただ、トップを走っていても、気持ちがあまり乗らない。好きなコースだったら、もっと上がるじゃないですか。でもどこかに苦手意識があったし、3年前にクラッシュして脳震盪を起こしたトラウマもありました。だからこそ逆に開き直って走るしかないと思い、とりあえずスタートは出られる自信があったので、予選と同じ展開をイメージして決勝に臨みました。

ヒート1は、まずホールショットが決まったので、序盤からガンガン行くつもりでした。すぐに熱田選手が2番手、その後ろに教世君(田中)という順になりました。熱田選手は藤沢が得意な人だから手強いなと思いつつ、逃げられるだけ逃げるしかないという気持ちだったんですが、中盤になるといいラインをトレースできなくなって、苦手意識に縛られる感じでした。

レース後半になったらまたいいラインが見つかり、走りを立て直すことができました。終盤は熱田選手に3秒差ぐらいまで詰め寄られましたが、ここが踏ん張りどころだと自分に言い聞かせてスパート。そしたら間隔が少し広がったので、これはもう勝つしかないと…。優勝を確信したのは、本当に最後の最後でしたね。

ヒート1の1コーナーでは多重クラッシュがあったようですが、僕はホールショットだったので全然知らなかったんです。藤沢はドラゴンストマックのようなUターンがあって、後方確認しやすいコースなんですが、成田選手は見当たりませんでした。何かあったんだろうなと思いながら、自分の走りに集中するよう心掛けました。

周遅れになった成田選手が目の前に現れたのは、10分すぎた頃だったかな。そこから成田選手を追いかけてテールトゥノーズみたいになったんですが、さすがに速かったですね。しばらくすると譲ってくれたんですが、ここでラインを見せるのもどうかなと思いながら、僕も必死だったので気にしないことにしました。最後はこっちがペースが落としたこともあって、成田選手がまた前に出ました。周遅れなので妙な感じだったけど、ヒート2のシミュレーションみたいな感じでしたね。

ヒート2でもホールショットを取ってトップで戻ってきたんですが、2周目には成田選手に抜かれて、背中を見ながら追いかける展開になりました。中盤になると距離が詰まって逆転のチャンスが訪れたんですが、自分でミスってコースアウトしてしまった。引き返せない地形のところだったので、そのまま進んでコースインしてもペナルティを受けないように徐行して、教世君に追い付かれたところでまた全開にしました。そこで5秒ほどロスしたので成田選手には逃げられ、自分の集中力も切れてしまいました。

それでも総合優勝(1位/2位)なので、上出来だったと思います。初優勝はうれしいけれど、他車のクラッシュやトラブルなどの要因もあったので、自分にとってはラッキーな面もありました。それでもレースはレースだし、調子自体は今回参戦していたライダーの中で一番良かった気がします。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る