鈴鹿サーキット、全日本ロードレース選手権シリーズ第9戦を11月5日・6日に開催

160726_58

モビリティランドは、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて2016年11月5日(土)・6日(日)に、「2016 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第9戦 第48回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」を開催する。

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズは、日本国内のサーキットを舞台に、JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3と、今年新たに加わったJP250の計5クラスが開催される。

鈴鹿サーキットで開催されるMFJグランプリは、2016年のMFJ全日本ロードレース選手権シリーズの最終戦となり、JSB1000クラスでは8周と20周の異なるフォーマットのレースが開催。

なお、本レースの前売チケットは、9月11日(日)より発売を開始し、決勝当日はゆうえんちモートピアパスポート(大人4,300円 子ども3,300円 幼児2,100円)でも観戦できる。

以下プレスリリースより

開催概要

■大会名称
2016 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第9戦 第48回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

■開催クラス
JSB1000(2レース)/J-GP2/ST600 /J-GP3 / JP250

■開催日程
2016年11月5日(土)予選
2015年11月6日(日)決勝

■会場
鈴鹿サーキット 国際レーシングコース フルコース(5.821km)

■主催
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)/株式会社モビリティランド

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

■後援
スポーツ庁、観光庁、三重県、鈴鹿市、鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会、一般社団法人 鈴鹿市観光協会、鈴鹿商工会議所

レース紹介・見どころ

今年の「MFJグランプリ」最終戦の、JSB1000クラスは、8周と20周の2レースが開催される。8周のレースは、ライダーのほんの一瞬のミスがそのまま結果に繋がってしまう、究極のスプリントレースと言える。

一方、20周のレースではスプリントの要素に加え、チームやライダーの駆け引きが要される。性質の異なる2レースをどちらも優勝すると、最終戦のボーナスポイントも加え、最大56ポイントが獲得できることから、大逆転にも期待がかかる。

最終戦と同じ、鈴鹿サーキットで幕が開けた2016年のJSB1000クラス。開幕戦のNGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レースでは、史上初の4年連続チャンピオン中須賀克行(ヤマハ)が勢いそのままに優勝。そこから、ツインリンクもてぎ、スポーツランドSUGOと連勝し、昨年の第2戦から10戦連続ポールポジション・10連勝という圧倒的な強さをみせつけランキングトップに立っている。

津田拓也(スズキ)も開幕から3戦全てに表彰台に上がっており、中須賀から11ポイント差の2位につけている。また、今年から新型Ninja ZX-10Rを投入したカワサキは、柳川明、渡辺一樹が共に表彰台を獲得しており好調だ。

不動のチャンピオン中須賀の5連覇か、はたまた最終戦を制し、新たなチャンピオンが誕生するか。各ライダーの戦いに注目が集まる。

160726_59

J-GP2クラスでは、今シーズンからTeam KAGAYAMAより参戦する浦本修充(スズキ)が全大会で混戦を制し、開幕から4連勝でランキングトップに立つ。それを関口太郎(Honda)、上和田拓海(ヤマハ)が追う展開だ。

ST600クラスでは、前田恵助(ヤマハ)、名越哲平(Honda)、岩戸亮介(Honda)の若手3名が僅差で競っており、誰がチャンピオンになっても初のタイトル獲得だ。

J-GP3クラスは、今季2勝を上げてランキングトップに立つ18歳の栗原佳祐(Honda)に、ベテラン徳留真紀(Honda)がわずか5ポイント差でつけ、接戦を繰り広げている。

今年新たに開催されたJP250クラスでは、インタークラス(国際ライセンス)では2戦全勝の山本剛大(カワサキ)が、ナショナルクラス(国内ライセンス)では武佐英典(ヤマハ)がランキングトップに立つ。

最終戦では各クラス年間チャンピオンをかけて熱戦が繰り広げられることが期待される。

※年齢は2016年7月26日現在

》その他イベント情報・チケット情報はこちら

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る