トライアンフ、ストリートツインのセーフティーリコール フロントブレーキの性能不良と、燃料がリード線内部に漏れ出すおそれ

Street-Twin_cranberry_red_Front_quarter

トライアンフモーターサイクルズジャパンは「ストリートツイン」において、フロントブレーキの性能不良のおそれと、燃料がリード線内部に漏れ出すおそれによる2件のセーフティーリコールを国土交通省へ届け出た。

以下トライアンフ プレスリリースより

■リコール対策届出番号
外-2346
外-2358

■問い合わせ先
トライアンフコール
03-6809-5233

■不具合の部位(部品名)
【1】燃料タンクにおいて、燃料ポンプへ電気を供給するリード線の製造工程が不適切なため、リード線の絶縁被覆が損傷しているものがあります。そのため、走行振動等により、リード線の損傷部が拡大し、燃料がリード線内部に浸入して漏れ出すおそれがあります。

【2】アクセサリー部品のブレーキレバーの設計が不適切なため、一定の条件下において、ブレーキレバーを強く引くと、ブレーキレバーがスロットルグリップに接触し、フロントブレーキの性能を十分に発揮することができず、本来の停止距離よりも大きくなるおそれがあります。

■リコール措置の内容
【1】対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて燃料ポンプのリード線を点検し、良否を確認の上、必要に応じてリード線を無償で良品に交換いたします。

【2】対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて良品のブレーキレバーに交換いたします。

※トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

■モデル
「ストリートツイン」

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・モデル:「ストリートツイン」
  車台番号:【1】SMTDAD74GDG739934 から SMTDAD74GDG739942
       【2】SMTDAD74GDG739979 から SMTDAD74GDG748947
  対象台数:【1】3台
       【2】4台

■合計
・計7台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る