ドゥカティ、「スクランブラー・コンフィギュレーター」を展開 オンラインでアクセサリーの選択やパーソナライズが可能

160725_36

新しいスクランブラー・コンフィギュレーター

ドゥカティは、オンラインでアクセサリーの選択やパーソナライズが自由自在にできるサービス、「スクランブラー・コンフィギュレーター」を展開した。

Scrambler Ducati Configurator

ニューモデルも含め、スクランブラーの全6バージョンに対応し、いつでも、スマホやタブレットなどのモバイル機器からでも、スクランブラーを自分好みにパーソナライズすることができる。

スクランブラー・アイコンから、Sixty2、アーバン・エンデューロ、フル・スロットル、クラシック、フラット・トラック・プロに至るまで、スクランブラーのフル・ラインナップを表示し、ユニークで自分好みの構成に仕上げることが可能だ。

160725_35

160725_33
160725_34

以下プレスリリースより

スクランブラー・コンフィギュレーターは、スクランブラー・ワールドのコンセプトとなっている「自由な自己表現」を実現するため、ドゥカティ・ブランド・ユニットによって行われている数多くのプロジェクトの一つです。

これらのプロジェクトは、従来とは異なる革新的なソーシャル・チャンネルを通じて、創造性を高め、ブランドの輪を広げることができるようにデザインされています。

モーターサイクルのカスタマイズに関して、新しいドゥカティ・スクランブラー・コンフィギュレーターは、60以上のアクセサリーの選択肢を用意しています。その一例は、オリジナル・タンクカバー、3種類のスクランブラー・ロゴ、バイクのスポーティなキャラクターを強化するためのレーシング・アクセサリー、6種類のシート、オフロード走行を完璧なものにする「エンデューロ」アクセサリーなどです。

コンフィギュレーターに表示されるすべての画像は、HD(高精細度)クオリティで提供され、よりリアルな表現を可能にしています。

このプラットフォームでは、サイド、45°の角度、リア、フロント、上から、ライディング・ポジションを含め、合計11のビューを切り替えることができます。さらに、設定を変更することも可能です。

ドゥカティ・スクランブラー・コンフィギュレーターでは、スクランブラー・ブランド専用に制作され、最新の流行を取り入れながらも実用的なアパレル・コレクションを選択することもできます。

優れた安全性、快適性、そしてスタイルを実現するスクランブラーのアパレル・ラインナップは、ジャケット、パンツ、グローブ、Tシャツ、サングラスに加え、ヘルメットやゴーグルも用意されています。すべてのアイテムは、使い勝手が良く、楽しいデザインを特徴としています。

コンフィギュレーターの構成は、ソーシャル・メディアで共有することも可能です。

「新しいスクランブラー・コンフィギュレーターによって、素早くそして簡単な方法で、ファンの皆様が完璧なモーターサイクルを制作することが可能になりました」と、ドゥカティ・イフォメーション・テクノロジー&デジタル・トランスフォーメーション・ディレクターのピエールジョルジオ・グロッシはコメントしています。

「さらに、数多くの便利なオプションを提供することにより、ユーザーの皆様は、バイク、アクセサリーやアパレルの疑似体験を楽しむだけでなく、大きなコミュニティの一員になることもできるのです。これは、ドゥカティによるデジタル革命の最初のステップの一つです。ライバルとは一線を画すこれらの取り組みは、大きな成果を収めています。私たちは、ドゥカティ・ファンの皆様に、モーターサイクルに乗っているときだけでなく、いつでもドゥカティスタでいてほしいと願っています。新しいデジタル・ツールをモバイル機器に組み込むことによって、これが可能になるのです。」

スクランブラー・ドゥカティ・ブランド・ユニットのマネージャーを務めるクラウディオ・デ・アンジェリも、この意見に賛同しています。

「私は、今回のデジタル革命がスクランブラー・ブランドから開始されたことを誇りに思っています。スクランブラー・ブランドの最大の強みの一つは、形式張らない自由なコミュニケーションができることだと考えています。2014年に新しいスクランブラーのコンセプトを策定する際に、私たちはデジタル・ネットワークに注力することを決定しました。これは決して偶然ではなく、将来を見据えたものでした。このコンセプトを起点として、今日私たちは、Instagram、Twitter、Facebook、Vimeoおよびドゥカティ公式サイトを通じて、非常に広範囲なコミュニティを展開しています。」

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る