[SUZUKI]JMX Rd.6 熱田孝高が第1ヒートで2位表彰台を獲得。小島庸平は負傷しながらも貴重なポイントを獲得

160725_31

■2016年7月24日
■全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会
■藤沢スポーツランド(岩手県)

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦東北大会は、岩手県一関市の藤沢スポーツランドで開催された。シーズン終盤戦へ、夏のインターバルを前にした重要な1戦。

会場の藤沢スポーツランドは、地元の自治体と有志が所有管理するコースで、スタンド席からほぼ全体が見渡せるロケーションの良さとサンド質のダイナミックなレイアウトが特徴。梅雨の終わりの時期で、これまで雨に見舞われることも多かったが、今年は土曜日が快晴、日曜日は午前中やや雲が広がったものの、午後には青空から強い日差しが照りつけ、高温多湿のタフなコンディションでレースが行われた。

公式発表では地元を中心に土日合せて3900人の観客が訪れ、ハイスピードのバトルを楽しんだ。

熱田孝高が第1ヒートで2位表彰台を獲得

昨シーズン最高峰IA1クラスの初タイトルを獲得し、連破を目指す小島庸平とランキング2位の熱田孝高、IA2クラスに竹中純矢と昨年と3人体制を敷くTeam SUZUKI。会場の藤沢スポーツランドは、過去小島が最も得意としてきたコース。熱田にとっては地元でもあり、竹中も含め、勝利することを目標にこのレースに臨んだ。

しかし予選レースで竹中が足を負傷。スタート直後に他車と接触転倒した小島は手の甲を骨折してしまい、チームにとってタフで厳しいレースとなった。

【第1ヒート】

IA1クラス第1ヒート。好スタートを決めた熱田の後方、1コーナーでは7台が絡むマルチクラッシュが発生。このアクシデントをかわし熱田は2番手、小島は12番手でオープニングラップをクリアした。先行する新井宏彰(カワサキ)と田中教世(カワサキ)の間に入ってトップ浮上のチャンスを伺っていた熱田は、なんとか攻略の鍵を見いだそうとする。

しかし3台のトップ争いにはさほどのタイム差がなく、熱田は確実に2番手のポジションをキープしてチェッカーを受け、今季自己ベストとなる2位、シーズン3度目の表彰台を獲得した。一方我慢の走りを続けた小島は、上位から1周遅れとなったものの最後まで走りきり13位でフィニッシュ。ランキングポイントに8点を加算した。

【第2ヒート】

IA1クラス第2ヒート。ホールショットを奪ったのは新井。ややスタートで出遅れた熱田は1周目10番手のポジションから追い上げを開始した。ライバルたちが荒れたコースの攻略に苦戦する中で、2周目に7番手に順位を上げた熱田は、確実に順位を挽回しレースが後半に入った11周目には4番手に浮上。

ここから更にペースを上げた熱田だったが、上位3台との差を詰めるには至らず、表彰台まであと一歩の4位でフィニッシュした。オープニングラップを15番手で通過した小島は、このヒートもひたすら我慢の走りに徹して16位でチェッカーを受け更に5ポイントを獲得。両ヒートで貴重な13点をタイトル争いに加算した。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  2. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
  3. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
  4. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
ページ上部へ戻る