[YAMAHA]JMX Rd.6 IA2で渡辺が2位/優勝で今季初の総合優勝を獲得。岡野は第2ヒートで2位表彰台

160725_17

■大会名称:2016全日本モトクロス選手権第6戦東北大会
■カテゴリ:IA1/IA2
■開催日:2016年7月24日(日)
■会場:藤沢スポーツランド(岩手県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

2016シーズンの中盤までを締めくくる、全日本モトクロス選手権・第6戦東北大会が、スポーツランド藤沢(岩手県)で開催された。しかし、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からIA1に参戦している平田優が、本人の都合により本大会を欠場。また三原拓也選手は、第4戦SUGO大会で負傷した怪我の治療に専念するため、引き続き今大会も欠場となった。

一方IA2は、若手ライダーの育成を担うである「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介が、これまで積み上げてきたものを結実させ、ライバルたちを抑え、第2ヒートでおよそ3年ぶりとなる優勝、さらに総合優勝を達成。また第4戦SUGO大会から4連勝と絶好調の岡野聖(フライングドルフィン サンセイ)も第2ヒートで2位を獲得。残り3戦での活躍を期待させる結果で長いサマーブレイクに入る。

IA2:渡辺が2位/優勝で今季初の総合優勝を獲得
岡野は、第2ヒートで2位表彰台

開幕戦から着実な進歩を遂げてきた渡辺祐介選手。課題であったスタートの精度を高め、マシンを自分のものにしてタイムを短縮し、上位に入り、上位へそして表彰台を獲得してきた。ライバルだけでなく、暑さが敵となるこの夏場に入ると、継続的に鍛え上げてきたフィジカルもライバルに対抗する武器となった。さらに、昨年、好成績を残している得意な東北大会が会場ということで、目指すべき優勝への条件が揃った状況で、今大会を迎えた。

【第1ヒート】

第1ヒートは、これまでのように後方から追い上げるレースではなく、好スタートから上位で1・2コーナーをクリア。1周目を終えて3番手と、絶好のポジションをつかむ。レース前半は、古賀太基(ホンダ)、能塚智寛(ホンダ)がバトルする中、渡辺は後方から二人を見守る形でレースを進めるが、中盤に入ると渡辺も動く。ポイントリーダーの能塚をパスして2番手へ、さらに古賀のテールに張り付き、そのタイミングをうかがう。

目には見えない数々の小さな駆け引きと小競り合い… トップライダーの同士のバトルは激しく、渡辺は何度も仕掛け12周目、ついにトップへ。しかし、そう簡単にいかないのがIA2。今度は能塚が渡辺を追い上げ、バトルを展開。渡辺はラスト3周でかわされ2番手に後退するが、なんとか喰らい付くも、目標へは一歩およばず、2位でチェッカーとなった。

160725_18

第4戦SUGO大会から4連勝中だった岡野聖は、好スタートを切るも、1周目、2番手走行中に転倒して29番手で2周目に入る。しかし、懸命の追い上げを見せて8位でチェッカーとなった。なお、優勝は能塚、3位は古賀。

【第2ヒート】

第2ヒートは、「YAMALUBE RACING TEAM」が一つの目標を結実させる。それは鮮やかなスタートから始まった。渡辺がホールショット、岡野が2番手と、YZを駆る2人がスタートを制する。その後も強さは増していった。3番手以下には、これまで苦戦を強いられてきたライバルがズラリと並んだが、序盤のうちに2人の背後からライバルたちの姿は見えなくなった。

160725_21

そして、渡辺と岡野の一騎打ちとなるが、地元、渡辺のペースが岡野を上回る。ゆっくりと、しかし確実にその差を拡大していくと終盤は渡辺が独走。2013年第5戦北海道大会の第2ヒート以来、およそ3年ぶり、自身4度目となる優勝をその手に収めた。さらに、岡野選手もポジションをキープし2位でフィニッシュ。YZがそのポテンシャルを証明するとともに、渡辺が、トップライダーとしてスタートを切るレースとなった。

160725_19
160725_22

160725_20

レデイース:満身創痍の安原が3位表彰台

第5戦の神戸大会。公式練習で左肩を外し、その後のレースでホールショットから3位表彰を獲得するという偉業を成し遂げた安原さや(名阪レーシング)。しかしその後の診断で肩の骨折が判明し、さらに深刻な状況が明らかになった。ところが、第6戦東北大会に、姿を現した安原は、満身創痍の状態ながら、またしても偉業を達成して見せた。

スタートでは出遅れたかに見えたが、インのスペースをうまく突いて好位置を奪取すると、1周目を終えて3番手とし、多くの観客を驚かせる。その後は、ライバルたちの巻き返しに備えるように、激走を続けた安原は2番手へ浮上し、そのままポジションをキープする。

160725_23

迎えた最終ラップ、満身創痍の安原に、竹内優奈(ホンダ)が襲いかかると、かわされ悔しい3位となったが、それでも3戦連続となる表彰台を獲得し、残り3レースでの逆転に向けてポイントを積み重ねた。

160725_24

なお、予選総合4番手と好調だった本田七海(TEAM KOH-Z)は、スタートの出遅れ6番手でレースを進めたが、終盤い順位を落として、7位でチェッカーとなった。

次回の第6戦近畿大会は、夏の長いインターバルを挟み、9月10・11日に、奈良県の名阪スポーツランドで開催される。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る