[HONDA]JMX Rd.6 Team HRCの成田が流れを引き戻す勝利を挙げる

160725_13

■2016年7月24日(日)・決勝
■会場:藤沢スポーツランド
■天候:曇り、ときどき晴れ
■気温:25℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:3900人

IA1 レポート

全日本モトクロス選手権は、7月後半の開催が恒例となっている岩手県藤沢スポーツランドで東北大会を迎えました。シーズン中盤戦を締めくくる夏休み前の大事な一戦でもあります。木々の間を縫う林間コースは、豊富なアップダウンを備えたダイナミックなレイアウトが特徴です。砂混じりの細かい土質で、緑の中に美しく豪快なルースト(土煙)が舞い上がります。

各クラスの予選が行われた土曜日の午前中や、決勝日の昼すぎまでは雲が多めでしたが、今大会は天候に恵まれ、青空が顔をのぞかせました。この東北大会は、晴れると酷暑に苦しめられることが多いのですが、今年の決勝日は最高気温が25℃程度と、観戦に適した陽気となりました。

なお今大会の土曜日に、イタリアで今年開催されるモトクロス国別対抗戦「モトクロス・オブ・ネイションズ」の日本代表が発表されました。全日本組の成田亮(Team HRC)と能塚智寛(Team HRC)に加えて、世界選手権にフル参戦中の山本鯨(Team Honda Redmoto Assomotor)がメンバーに選ばれたことから、今季の日本代表チームはHonda勢で固められることになりました。

IA1のヒート1。前戦こそ勝利を得られずに終わりましたが、ここまで6勝を挙げてシリーズランキングトップを快走する成田は、スタート直後の1コーナーに4番手あたりで進入。ところがここで、バランスを崩したほかのマシンと絡むように激しく転倒してしまいました。このアクシデントで、成田のマシンは排気系が破損。次周に緊急ピットインとなりました。

予期せぬアクシデントながら、ピットで待つメカニックたちは、必要なパーツと工具を瞬時に準備して、このピットインに対応。わずか2分で、成田を再びコースへ送り出します。しかし2周後、再び排気漏れの症状がひどくなり、成田は2度目のピットインを決断しました。

ここでメカニックたちは、約2分30秒を使ってマシンを修復。成田は、トップの新井宏彰(カワサキ)からほぼ3周遅れで復帰しました。すると成田は、新井とほぼ同ペースで周回。終盤には、新井が周回遅れのマシンに阻まれた間に先行し、トップと2周差の17位でゴールしました。Honda勢の最上位は、馬場大貴(TEAM 887 with ホンダドリーム川崎宮前)の8位でした。

160725_15

ヒート2の成田は、ヒート1での苦い記憶を秘めながら、まずまずのスタートを決めます。最初のコーナーを5番手でクリアし、コース前半で小方誠(カワサキ)と、星野裕(カワサキ)を抜くと、後半には田中教世(カワサキ)の攻略にも成功して、ヒート1のウイナーである新井の背後につけました。続く2周目、成田は新井をパスして、先頭に立ちました。

レース序盤、トップを走る成田の後方には、新井や田中、星野が僅差で続きます。トップグループは縦にやや長い4台で形成されました。ここから、まず星野が徐々に遅れ、トップ争いは3台に絞られていきます。さらにレースが中盤に入ったところで、田中も後退。これにより先頭争いは、成田と新井の一騎打ちになりました。

160725_14

後方から新井のプレッシャーを受けながらも、成田はリズムを崩すことなく安定したハイペースで周回。すると迎えた11周目、新井の方が先にミスして上りで失速します。これにより成田のリードは、約6.5秒に広がりました。そしてレース終盤、成田はリードを守って周回。17周目が終わるところでチェッカーを受け、今季7勝目をマークしました。

160725_16

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る