新型CBR250RRのティザー動画が公開!ついに発売か!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20160715_cbr250rr

いよいよ現実味を帯びてきた注目モデルの発売

この程、インドネシアでホンダ製二輪車の生産を行っているピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターから新型「CBR250RR」の動画が公開された。

Teaser All new Honda CBR250RR

以前もトピックスでご紹介したとおり、2015年秋に開催された「第44回東京モーターショー2015」にてコンセプトモデル「Light Weight Super Sports Concept」として登場し、次期CBR250RRとの憶測を呼んだ注目モデルの発売がいよいよ現実味を帯びてきた。

▼コンセプトモデルとして展示された「Light Weight Super Sports Concept」
IMG_0009

P1160902
P1160908

動画から紐解く新型CBR250RR

動画を一見した限りでは、東京モーターショーのコンセプトモデルと変わらないようにも見えるが、細部に目を凝らすといろいろと違いもあるようだ。

まず全体的なシルエットとしては、コンセプトどおりのエッジが効いたスピード感あふれるデザインで、現行モデルより戦闘的なフォルムであることは間違いない。

細部ではタンク形状がややセンターが高くなった感じで、もしかしたら容量を稼いでいるのかもしれない。ハンドルは同じクリップオンタイプだが、今回はトップブリッジ下側に移設してハンドル位置を下げるなど、よりスポーティな仕様になっているようだ。

160715_102

エンジンは水冷並列2気筒、ショートストローク設計の高回転型で、最高出力は少なくともライバルであるYZF-R25(36ps)を上回ってくるはず。フレームはコンセプトで示させたとおり一部トレリス構造になったスチール製で、現行モデルとは異なるフレームであることは確かだ。

また、排気系はコンセプトがアクラポピッチ製だったのに対し、実車では角張ったデザインの右1本出しマフラーを採用。サイレンサーの位置もオーソドックスな車体右サイドに下げられ、現行モデル同様、マフラーステーを兼ねたタンデムステップホルダーが装備されている。つまり2人乗り仕様だ。

足回りでは倒立フォークにNISSIN製ブレーキキャリパー&シングルディスクブレーキにABSを組み合わせる基本構成はコンセプトと変わらないが、ディスク形状が肉抜きの多いデザインであったウェーブタイプから一般的なホールタイプのウェーブディスクに改められている。

160715_103

シリーズラインナップとしては当然、現行モデルと同じように排気量を拡大した派生モデル「CBR300RR」も展開してくるものと思われるし、アジア諸国で熱狂的な盛り上がりを見せる、アジアプロダクション250(AP250)への参戦なども視野に入れたグローバル戦略としても今度の新型RRは重要な布石となるmodelである。

発売に関しては、噂ではインドネシアで8月頃に発表された後に、遅れて日本にも投入ということになりそうだとか。確実なアナウンスが待ち遠しいところだ。

【関連ニュース】
遂にCBR250RRの「シルエット」が公開! インドネシアホンダがティザー動画を公開
ホンダから新型「CBR250RR」が並列2気筒で復活か!?
ギャラリー:東京モーターショー2015特集【HONDA・バイク編】
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 専用設計でペール缶にピッタリフィット パーツの企画・製造・販売を行うマジカルレーシングは、…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 「トータルコントロール」が開発テーマ CB250…
  3. オートバイパーツ、車体の塗装・整備を行うAWANOメンテナンスサービスは、オンロードバイク用…
  4. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
ページ上部へ戻る