ホンダ、鈴鹿8耐 THE STORY | Satu HATI. Honda Team Asia編「アジアの希望を背負って」を公開

160722_29

「表彰台を目指したい。それだけの力は持っている」- 玉田誠監督

アジア人ライダーの育成を目的としたHonda Team Asia。監督を務める玉田誠は、2012~13年はこのチームからライダーとして参戦し、12年は25位、13年はアクシデントにより決勝は不出場ながら、チームは6位でゴールしている。

そして、14年から監督に就任し、若手アジア人ライダーでチームを編成。この年はマレーシア、インドネシア、オーストラリア出身という3人の組み合わせで7位となった。

15年はさらなるリザルトアップを狙ったものの、チェッカーフラッグの約1時間前に思わぬマシントラブルによって順位を落とし、18位完走となった。監督就任3年目となる今年のレースについて、玉田監督に話を伺った。

玉田:
「我々はアジアのモータースポーツの発展を目指しているチームです。ライダーは全員アジア人で、今年はアジア人メカニックの人数も増やしました。初めての参戦ではないので、今は苦労していませんが、出身国が違うと考え方が異なるので、最初のころはまとめるのが大変でした。今は新しいスタッフが入ってきても前からいる人がフォローしてくれるなど、やりやすくなっていますし、ライダーもメカニックも技術が上がってきています」

昨年はずっとトップ10圏内を走っていながら、ラスト1時間で、ヘッドライトが点かないというトラブルが発生。ピットストップが長引いて、18位フィニッシュという結果だった。

玉田:
「今のところ、公式テストの調子はいいですね。全く問題がないわけじゃないけど、マシンのセットアップも順調に進んでいます。ライダーにはたくさん乗ってもらい、だいぶマシンに慣れてもらいました。個人的には非常に期待しています。でも、レースは必ずしも予定通りにはいきません。昨年も最後の最後でライトが点かないというトラブルがあった。そういったときにどう対処できるかが重要なんです」

と、慎重な姿勢も伺えた。ここでアジア人の強みを聞いてみると「闘争心が強い」という言葉が返ってきた。玉田監督はそこに魅力を感じているのだという。監督3年目ともなると、チームメンバーのいいところと悪いところがかなり具体的に見えてきているようだ。それだけに「彼らをうまくまとめていい部分を引き出したい」と話す。

160722_27

玉田:
「とにかく8耐はレースまでの準備が大切。本番までにやったことを100%出すことができれば、今まで以上のリザルトが必ず残せると信じています。過去の最高位は6位ですが、できればそれ以上、表彰台を狙いたいんです。ここ数年でアジアのレベルは急激に上がってきている。世界が注目するこの鈴鹿8耐でアジア人の存在感をアピールしたい。もちろん、アジア諸国からの注目度も高く、レースのときは各国から多くのメディアが取材に来ます。そのためライダーやスタッフのモチベーションが高いのもいいことです」

7月4日(月)~6日(水)で実施された公開合同テストに、先日、MotoGPのMoto2クラスで優勝を果たした中上貴晶が参加した。そのことについて玉田監督は

玉田:
「中上選手がテストに参加したことはチームにとってとてもよかった。GPライダー、しかもつい先日優勝したライダーともなれば、みんなが一目置く。そういうライダーが加わるだけでチームが引き締まるし、ライダーの緊張感も高まるんです。実際に中上君のマシンのフィードバックやコメントは的確で、それがほかのアジア人ライダーにとっていい見本になり、真似しようとする空気になったんです。また中上君はチームやライダーに対するアドバイスもしてくれた。自分のことだけを考えずに、ほかの人のことも考えながらマシンをセットアップしてくれたことがチームとしては大きかった」

と、中上の働きを高く評価していた。

160722_28

【関連ニュース】
◆Webikeバイクニュース 鈴鹿8耐ニュース一覧

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  2. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
  3. 2018年10月19日(金)開催の「2018 FIM MotoGP(TM) 世界選手権シリー…
  4. スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とする125ccのストリートスポー…
ページ上部へ戻る