【ケニー佐川 コラム】ウェット路面とタイヤの相性について

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20160722_ksagawa01

ウェット路面でのタイヤ性能にフォーカス!

今週はメーカー主催のプレス向け試乗会があり、「雨の中」思い切りサーキット走行を楽しんできました。タイヤ製品のテストではなかったのですが、結果的にウェット路面でタイヤの限界まで試せる滅多にない機会ということで、私自身もいろいろと新たな発見がありました。

というわけで、梅雨明け前のこの時期、特にタイヤにフォーカスして感じたことをレポートしたいと思います。

ほぼ同じモデルなのに?グリップ感に大きな差

20160722_ksagawa02▲※写真は別の試乗会より(出展:Webikeバイクニュース:MFJ 250cc一気乗り試乗) 

当日は朝から本格的な雨で、路面はフルウェット。最初はミドルクラスのツーリングモデルを新旧2台乗り比べたのですが、ほぼ同じモデルなのにタイヤのグリップ感に大きな差があることに驚きました。

タイヤの銘柄はそれぞれ異なっていましたが、カテゴリー的には同程度のツーリングタイヤに見えます。一方はけっこう普通に寝かし込んでいけるのに、もう一方は浅いバンク角でもすぐに接地感が薄くなってきて、その直後に滑り出します。

何回か試してみましたが同じ傾向なので、もうそうなると神経がすり減ってまともに走れません。他にも2輪ジャーナリストやプロのレーシングライダーが参加していましたが、皆さん同意見でした。

佐川的推論「グリップ感の差の原因」

その場はなんとか無事に切り抜けましたが、でも原因が何なのか気になります。空気圧は適正だし、溝もばっちり残っているし、製造年月日も新しいのに何故?

そこで、後からちょっと調べてみましたが、その接地感が希薄になるタイヤは車種専用タイプで、トレールタイヤのカテゴリーに分類されていました。見た目は普通にオンロードっぽいのですが、実はオンとオフと両方いけるデュアルパーパス的な性能が与えられたタイヤだったのです。

以前、タイヤメーカーの開発者に聞いた話で、「同じように見えるグルーブ(溝)でも、オンロードタイヤは排水性を優先しているのに対し、トレールタイヤは林道などの未舗装路でのトラクション(駆動力)を重視している」と説明されたのを思い出しました。

なるほど、タイヤの種類やカテゴリーによっては、サーキットという完璧な舗装路面であっても、完全なウェット状態の中では相性が悪い場合もあるのかも。溝がしっかり入ったタイヤが必ずしもウェット路面に強いわけではない、という推論に辿り着きました。

あのときのイメージを思い出してみると、たしかに常に薄い水の膜に乗っかっているような曖昧な感覚がありました。あくまでも個人的なフィーリングですが・・・。

向上するタイヤ性能と電制の進化。ウェット性能の底上げ

20160722_ksagawa03▲※写真は別の試乗会より(出展:Webikeバイクニュース:MFJ 250cc一気乗り試乗) 

また、一方では最新のハイグリップタイヤのウェット性能にも感心させられました。元々、ドライな舗装路では抜群のグリップ性能を発揮するこの手のタイヤですが、最近はコンピュータ解析技術の進歩により、構造そのものやコンパウンド、グルーブデザインなどのトータル的な性能向上により、ウェット性能も相当レベルアップしています。

かつてはグルーブが刻まれていないエッジ部分(タイヤの端)は、雨の日は使い物にならないと言われていましたが、最近ではコンパウンドが分子レベルでアスファルトの細かい凹凸に食い込むことで、グルーブだけに頼ることなくウェット性能を発揮できるそうです。

加えてバイクも最新モデルでは、コーナリングABSやトラクションコントロールなどの電子制御が導入されることで、ライダー側のミスをだいぶカバーしてくれるようになりました。いわば、マシンがタイヤのグリップの限界の先まで面倒をみてくれるわけです。タイヤそのものの性能向上とこうした電制の進化が組み合わさって、ウェット性能が底上げされているのだと実感したのでした。

とはいえ、どんな優れたタイヤにも限界はあります。ことさら、一般道では安全マージンをたっぷりとって、無理のない慎重なライディングを楽しんでいただきたいと思います。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る