[KTM]EnduroGP Rd.7 ナンボティンがE2クラス初日優勝/2日目4位でフィニッシュ

160722_22

2016エンデューロGP/第7戦イタリア

KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#91Nathan Watson(ネイザン=ワトソン)は初日5位/2日目2位、#25Ivan Cervantes(イワン=セルバンテス)は初日6位/2日目9位でフィニッシュ。

E2クラス(2st250cc/4st450cc)に参戦した#33Taylor Robert(テイラー=ロバート)は両日ともに5位、#7Christophe Nambotin(クリストフ=ナンボティン)は初日優勝/2日目4位でレースを終えました。

Enduro1(E1)クラス

ワトソンは初日、多くのクラッシュを喫しながらも5位でフィニッシュ。エクストリームテストでは速さを発揮しましたがエンデューロテストとモトクロステストでは多くの時間をロスし、表彰台に立つチャンスを逃してしまいました。

2日目はそこから気持ちを切り替えて攻め2位でフィニッシュ。チームメイトのセルバンテスは初日6位/2日目9位でレースを終えました。

■ワトソンのコメント
初日のエンデューロテストは雨上がりで滑りやすく、そこで大クラッシュを喫してしまった。そこで腕を痛め多くの時間をロスしてしまった。その後のテストでもクラッシュを連発。プッシュすればするほど悪い結果となった。2日目は気持ちを切り替えて挑み、前日が嘘のように良いフィーリングが戻り、その結果2位でフィニッシュできた。

■セルバンテスのコメント
初日は難しいコンディションだったがレースを楽しむことができた。エンデューロテストは長くテクニカルで、走り甲斐があった。

Enduro2(E2)クラス

ナンボティンは膝の古傷を治療するため、シーズン途中でレースを離れると公言していました。今大会はその手術を前に、ナンボティンの強さを証明したレースとなりました。そしてナンボティンはレース後、水曜日に膝の手術を受けると発表しました。ナンボティンとともにE2クラスを戦うロバートは両日を5位でフィニッシュしました。

■ナンボティンのコメント
今シーズンは本当に難しい決断をしなければならなかった。膝の状態が悪く、しかしその状態でレースを戦わなければならなかったからだ。しかしここで、まだ戦えることを証明できて良かった。GPで勝つことは容易ではない。そんななか、初日に勝つことができた。滑りやすい路面だったが、終始良いフィーリングを得られ、それが自分にとっては良い結果をもたらした。

2日目はさらにタフになると分かっていた。フィジカルコンディションが万全とは言えなかったからだ。その予想通り、マシンのフィーリングがつかめずいくつかミスを冒してしまった。レース後に膝の靱帯の手術を受けるが、回復するには少し時間がかかるだろう。

■ロバートのコメント
思うようなレースができず、フラストレーションのたまる週末だった。初日は滑りやすい路面の中でも大きなミスを冒さなかった。2日目は大きなミスこそ冒さなかったがスピードが足りなかった。テストは気分よく走ることができていただけに、それがじつに残念だ。

次戦/第8戦(最終戦)は9月10日(土)11日(日)に、フランスで開催されます。

【Day1/決勝結果】
■E1 Results
1, Eero Remes
2, Oscar Balletti
3, Alessandro Battig

5, Nathan Watson – KTM
6, Ivan Cervantes – KTM
■E2 Results
1, C・Nambotin – KTM
2, Matthew Phillips
3, Mathias Bellino

5, Taylor Robert – KTM
■GP Results
1, C・Nambotin – KTM
2, Matthew Phillips
3, Steve Holcombe

8, Taylor Robert- KTM

【Day2/決勝結果】
■E1 Results
1, Eero Remes
2, Nathan Watson – KTM
3, Daniel McCanney

9, Ivan Cervantes – KTM
■E2 Results
1, Loic Larrieu
2, Mathias Bellino
3, Alex Salvini
4, C・Nambotin – KTM
5, Taylor Robert – KTM
■GP Results
1, Steve Holcombe
2, Eero Remes
3, Loic Larrieu

7, Nathan Watson- KTM
9, C・Nambotin – KTM
12, Taylor Robert- KTM

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 252
2, Watson(KTM), 235
3, McCanney , 166
4, Cervantes (KTM), 140

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Phillips 234
2, Bellino, 199
3, Larrieu, 178
4, Robert(KTM), 177

◎GPクラスポイントスタンディングス
1, Phillips, 198
2, Holcombe, 183
3, Remes, 181

5, Watson(KTM), 151

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る