[HONDA]JTR Rd.5 小川友幸、死角なし。圧倒的強さで4勝目

160719_34

■2016年7月17日(日)・決勝
■会場:わっさむサーキット(北海道)
■天候:晴れときどき曇り、一時雨
■気温:28度
■観客:800人
■セクション:泥・斜面・岩

IAS レポート

7月17日、全日本選手権第5戦の北海道大会は、毎年この時期に恒例の一戦です。天気は曇りの予報でしたが、スタートの頃にはすっかり雲が切れ、日差しの強い一日となりました。日が陰ったり風が吹けば心地よいものの、暑い中での戦いでライダーの体力の消耗は激しいものとなりました。

160719_35

セクションの難易度は易しめ。小川友幸(Honda)は、この大会をオールクリーンしようと思って試合に臨みました。自身、まだ一度も果たしていないオールクリーン、今回はその可能性のあるセクションでした。

第2セクション、大きなコンクリートブロックを越えた小川は、勢いをつけすぎ、着地でバランスを崩します。しかし必死にこらえて、ここをクリーン。足をついていれば、流れは変わっていたかもしれないというワンシーンでした。

160719_36

続く第3セクションは、険しい岩のポイントが連続していて、特に2つ目が多くのライダーをはじき返していました。小川毅士(ベータ)、黒山健一(ヤマハ)など、ライバルもここで5点。しかし、小川は野崎史高(スコルパ)とともにここをクリーンし、序盤から好調をアピールしていました。

第4セクションは今回の最大難所の一つ。ヒューム管に飛び移る最後のポイントが特に難所でした。小川はこのヒューム管から降りるときにバランスを崩し、今度は足が出てしまいます。2点。しかしこのセクション、ライバルはみんな5点で、ここでの2点は大きなアドバンテージをもたらすことになりました。

土の斜面の第5セクションをトップグループのほぼ全員がクリーンで抜けたあとの第6セクション。ここは唯一水で湿ったセクションで、岩に向かうポイントが濡れていて、発進を難しくしています。ここで、野崎、黒山が5点に。小川はこのセクションを華麗にクリーンして、いよいよ独走体制を築いていきます。

第7以降は、トップライダーにとってはクリーンセクションでした。高い岩越えなど、もちろん難所はあるのですが、これに手こずっているようでは、全日本のトップ争いはできません。上位4名は、7から10までの4セクションを、すべてクリーンで抜けていきます。

160719_37

1ラップ目、小川の減点は第4セクションでの2点のみ。2番手の野崎は10点、黒山が11点、小川毅士が14点と、2番手以下はなかなかの接戦。それだけに、小川の好調ぶりが際立っています。

2ラップ目、小川に追いつき、追い越したいライバルたち。しかし小川が減点をしなければ、ライバルがいくらいい走りをしても、1ラップ目に築いたリードは減りません。そんな中、黒山は第3セクションで、野崎は第4セクションで失点。さらに第6セクションでも失点がありました。小川は一切足を出すことなく、試合を進めています。

そして、なんと小川は10セクションすべてをクリーンしてしまいました。黒山、野崎ともに減点を減らしはしたものの、それぞれ6点と7点で、トータルではどちらも17点。2番手争いは大接戦となりましたが、2ラップを終え、その点差は15点。2セクションによるSSの勝負を待つことなく、小川は勝利を決めました。

野崎と黒山にとっては2位決定の舞台となったSSは、小川にとっては有終の美を飾る花道です。SS第1はトリッキーな岩越えに手こずるライダーが多く、なかなかクリーンは出ません。小川は最後の最後に見事なクリーンをみせてくれました。

そしてSS第2。こちらはSS第1に比べるとクリーンがちらほら出ていましたが、やはり最後にトライした小川の安定感は別格。野崎に15点差、黒山に20点差の大差をつけて、小川はシーズン4勝目を挙げました。

残すは2戦。第6戦中部大会は10月なので、少し間が空くことになります。小川が4勝を挙げたのに対し、ランキング2位の黒山と3位の野崎が順位を奪いあっているため、小川のポイントリードは13点に広がっています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る