DUNLOP(住友ゴム)、鈴鹿8時間耐久ロードレースにDUNLOPブースを出展 新製品の展示やトークショーを開催

160719_30

DUNLOP(住友ゴム工業)は、7月28日(木)~31日(日)に鈴鹿サーキットで開催される、2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦「”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」にDUNLOPブースを出展することを発表した。

ブースでは、大会に出場するDUNLOPサポートチームや、元ワールドGPライダーの八代俊二氏、元世界耐久チャンピオンの北川圭一氏、3年連続(2013-15)全日本トライアルチャンピオンとなった小川友幸選手など、多数のゲストを迎えてトークショーを開催する。

また、新商品の「SPORTMAX α-13SP」をはじめとする高性能ラジアルタイヤ「SPORTMAX」シリーズの展示や、年間を通して全国で開催している「サーキットステーション」「ツーリングステーション」などのイベントを紹介する。

DUNLOPブース出展概要

■出展期間
7月29日(金)~31日(日)

■出展場所
鈴鹿サーキット グランプリスクエア内

■展示タイヤ
・DUNLOP SPORTMAXシリーズ
・SPORTMAX α-13SP(新商品)
・SPORTMAX ROADSMARTIII
・SPORTMAX GPR-300
・SPORTMAX α-13
・SPORTMAX Roadsport

【関連ニュース】
【新製品】ダンロップ、スポーツラジアルタイヤ「SPORTMAX α-13SP」を発売
ダンロップの「SPORTMAX α-13 SP」がMFJロードレース「JP250」クラスのワンメイクタイヤに決定

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム工業 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る