[SUZUKI]MotoGP Rd.9 決勝 再びの試練となった、ミックスコンディションのザクセンリンク

160719_28

■2016年7月17日
■MotoGP 第9戦 ドイツGP 決勝
■場所:ドイツ ザクセンリンク

チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパルガロは、MotoGP第9戦の舞台となったザクセンリンク決勝で、厳しいコースコンディションに翻弄されるも、貴重なポイントを獲得。

レースはウェット宣告でスタート。しかし雨が上がるとともにレースラインが急速に乾き出し、残り周回数9周で、共にピットイン。ソフトタイヤで再びコースインし、そこから追い上げを目指すも、前のグループに届くことなく、ビニャーレス12位、エスパルガロ14位でチェッカーを受けた。

路面が完全に濡れている状態ながら、スタートではアグレッシッブに攻め、ジャンプアップを目指したエクスターライダーの二人だが、その後、周回数を重ねる毎に徐々にペースダウン。

雨が上がり、路面が乾き始めてからは再びペースを取り戻し、巻き返しを図り始めたものの、残り周回数があと約3分の1というところで共にピットインをし、再びコースに戻る。最後まで果敢にアタックを続けるものの、前半でロスしたギャップを埋めることができないまま、レースは終了となった。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.9 チームスズキエクスターの2人が貴重なポイントを獲得

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

ページ上部へ戻る