[YAMAHA]MotoGP Rd.9 予選 ロッシが3番手でフロントローを獲得! エスパルガロは好調をキープし5番手

160719_25

■大会名称:MotoGP第9戦ドイツGP
■開催日:2016年7月16日(土)予選結果
■開催地:ザクセンリンク/ドイツ
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度
■路面温度:40度
■PP:M・マルケス(1分21秒160)

ロッシが3番手でフロントローを獲得!

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシが、予選で3番手を獲得。チームメイトのJ・ロレンソは転倒があったにもかかわらずQ1を通過したが、Q2で再び転倒し、ラップタイムを短縮できず11位で決勝を迎える。

Q2でロッシは、最初にピットアウトしていった集団が出ていくのを待ってからコースイン。着実にスピードを上げ、3周目には3番手へ浮上した。残り時間が7分を切ったあたりでピットに戻ってタイヤを交換。2度目のアタックに臨んだが、運悪く前方を集団にふさがれてしまい、ラップタイムもポジションも、それ以上、上げることはできなかった。1分21秒666で3番手につき、明日の決勝はフロントローからスタートする。

ロレンソは転倒の影響で11番手

一方のロレンソはQ1に出場し、1周目で2番手につけるも、他のペースが上がってくると一時3番手へ後退した。しかしその次のアタックでは1分21秒737へタイムを更新して一気にトップに浮上。その後はトップをキープしていたが、2番手に後退すると再びトップ奪還を狙いアタック。転倒してしまったが、2番手でQ2への進出を果たした。

続くQ2は、スペアマシンによる走行となったロレンソは、残り11分頃からアタックを開始し、1分22秒088まで上げ7番手に浮上してピットイン。タイヤ交換のあと上位浮上を目指して2度目のアタックに挑んだが、そのわずか2分後に転倒を喫してしまう。怪我はなかったものの再スタートはかなわず、ライバルがタイムを短縮する中、11番手となり、決勝は4列目から迎えることとなった。

エスパルガロは、好調をキープし予選5番手を獲得

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロが予選セッションで5位を獲得し、明日の決勝はセカンドローからスタートすることになった。

午前中に行われたフリープラクティス3では、合計23ラップを走行して5番手。3番手までコンマ1秒以下まで迫った。Q2でも好調を維持したエスパルガロは、フロントローとの差を0.072秒まで短縮して5番手を獲得した。決勝ではロケットスタートからトップサテライトを目指す。

一方、チームメイトのB・スミスは予選14番手。フリープラクティス3では順調にペースアップを続けていたが、終盤のタイムアタックではトップにコンマ3秒差まで近づきながら、その最後のセクションでミス。このラップでタイムを短縮できなかったことでQ1への出場が決定した。15分間におよぶ厳しい戦いに全力で臨んだが14番手に留まり、明日の決勝は5列目からのスタートとなる。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る