[HONDA]MotoGP Rd.9 フリー走行 マルケスが3番手、クラッチローが4番手。難しいコンディションの中で、まずまずのスタート

160719_13

■2016年7月15日(金)・1日目フリー走行
■会場:ザクセンリンク
■天候:曇り、ときどき晴れ
■気温:16℃
■コースコンディション:ドライ

マルケスが3番手、クラッチローが4番手

シーズン前半戦を締めくくる第9戦ドイツGPの1日目フリー走行は、終日、厚い雲が空を覆い、断続的に小雨が降る難しいコンディションとなりました。その中で、ドイツGPで6連勝中のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、1回目のセッションで2番手、2回目のセッションで3番手と、順調なスタートを切りました。

1回目のセッションは、コースインして10分ほどで雨が落ち始め、わずか7ラップで終了。2回目のセッションは、スタートする前に雨が降り、45分間のセッションのうち20分ほどを、ピットで待機することになりました。その後、マルケスはドライコンディションになるのを待ってコースイン。18ラップをこなし、セットアップを進めることに成功しました。転倒車が続出する難しいコンディションの中で、慎重かつ着実にセットアップを進めたマルケス。今季3勝目とドイツGP7連勝に向けて、手応えのある一日となりました。

前戦オランダGPで転倒リタイアに終わったカル・クラッチロー(LCR Honda)が、マルケスに続く4番手で初日を終えました。前戦オランダGPは、決勝こそ転倒リタイアでしたが、レースウイークを通じて上り調子をアピールしていました。今大会は、難しいコンディションの中で開幕しましたが、改めて上り調子を確認することになりました。3年前の大会では2位表彰台に立っているクラッチロー。今季初の表彰台獲得に向けて、こちらも手応えのある初日となりました。

前戦オランダGPで念願の初優勝を達成したジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が13番手で初日を終えました。不安定なコンディションのため、ピットで待機する時間が多く、フラストレーションがたまる一日でしたが、RC213Vを乗りこなしてきたことを感じさせるアグレッシブなライディングを披露。2日目の走りに期待が集まりました。

160719_12

ザクセンリンクで通算6勝。最高峰クラスで4勝を挙げているダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、不安定なコンディションの中で15番手でした。転倒車が多かったことから、リスクを負わないことを決断し、様子見の走りに徹して15番手。しかし、このコースを得意とするペドロサだけに、2日目でのタイムの短縮とポジションアップは必至。予選の走りが注目されます。

160719_11

MotoGPマシンで初めてザクセンリンクを走るティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、不安定なコンディションの中で攻略するチャンスをつかめず、厳しい一日となりました。低い気温と路面温度、加えて断続的に降る小雨。第6戦イタリアGPで痛めた肩がほぼ治ってきた段階だけに、初日は慎重な走りとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  2. 【PR】 スポーツもツーリングも一足でこなす万能タイプ 【ビッグマシン・ゼロ…
  3. 【PR】 上位機種は通話に乗せて音楽やナビ音声まで共有 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
ページ上部へ戻る