[HONDA]MotoGP Rd.9 予選 マルケス今季4度目のポールポジション獲得。今季3勝目に向けて絶好のスタート

160719_06

■2016年7月16日(土)・予選
■会場:ザクセンリンク
■天候:晴れ
■気温:23℃
■コースコンディション:ドライ

マルケスが今季4度目のポールポジションを獲得

第9戦ドイツGPの予選は、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、今季4度目のポールポジション(PP)を獲得しました。

初日3番手だったマルケスは、午前中のフリー走行でトップタイムをマークしてQ2進出を決め、上位12台で競われるQ2でも、アタックするごとにタイムを短縮する圧倒的な強さで、通算62度目のPP獲得を果たしました。

今シーズンは、レギュレーションとタイヤの変更などで、これまでは決勝に向けてセットアップに追われるレースが多かったマルケスですが、今大会は順調にセットアップを進め、決勝に向けて自信を深めていました。これで125cc、Moto2時代を含めて7年連続でドイツGPの予選を制し、決勝では7年連続の優勝を狙うことになります。

160719_07

ペドロサは10番手から追い上げのレースに挑む

チームメートのダニ・ペドロサは、不安定な天候だった初日は15番手でしたが、2日目のフリー走行で6番手に浮上してQ2進出を決めました。しかし、Q2では思うような走りができず、10番手へとポジションを落としました。

過去、ザクセンリンクで6勝(250ccで2勝、MotoGPで4勝)。マルケスとともにこのサーキットを得意とするペドロサだけに、決勝では4列目から追い上げのレースに挑みます。過去2年は、マルケスとともにRepsol Honda Teamの1-2フィニッシュを達成してきました。今大会は、予選で不完全燃料となりましたが、ともに優勝候補の一角。今年は3年連続の1-2フィニッシュに挑みます。

160719_08

初日4番手と好調なスタートを切ったカル・クラッチロー(LCR Honda)は、フリー走行で転倒を喫して11番手に終わり、ダイレクトでのQ2進出を逃しました。そして、11番手以下で行われるQ1ではわずかの差で3番手に終わり、13番グリッドが確定しました。この日、クラッチローがマークしたQ1のベストタイムは、この日のQ2で6番手につけるタイム。それだけにQ2進出を逃し、悔しそうな表情でした。

160719_09

前戦オランダGPで念願の初優勝を達成したジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、フリー走行では13番手と順調な走りでしたが、Q1ではコースアウトを喫するミスで、16番手に終わりました。チームメートのティト・ラバトは21番手。ともに追い上げのレースに挑みます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る