[SUZUKI]鈴鹿8耐 タイヤメーカー合同テスト スズキ勢が安定して上位に付け、決勝への期待が高まる

160715_19

■2016年7月13日(水)~14(木)
■鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同公開テスト・タイヤメーカーテスト
■場所:三重県・鈴鹿サーキット

雨と真夏日と極端なコンディションとなった二日間

7月13日・14日に鈴鹿8耐に向けた車両メーカー、およびタイヤメーカー合同テストが行われた。スズキ勢からは、YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEチームが津田拓也と芳賀紀行、ジョシュ・ブルックス、Team KAGAYAMAから加賀山就臣、清成龍一、浦本修充、MotoMap SUPPLYから今野由寛、青木宣篤、SUZUKI ENDURANCE RACING TEAMからヴァンサン・フィリップ、アンソニー・デラール、エティエンヌ・マッソンらが参加した。

1週間前のテストはほぼドライで走行することができたが、今回は初日が雨。二日目は雨上がりの湿気も加わった夏日となり、非常にバラエティに富んだコンディションの中で、8耐決勝へ向けた準備が進められることとなった。

初日の雨の走行でトップタイムをマークしたのはTeam KAGAYAMAの浦本修充。ほぼ初のウエット走行となったが、チームベストだけでなく、オーバーオールでもトップに付ける驚異のタイムをマーク。もう一台のマシンも3番手に付け、チームの士気が大きく上がる初日のセッションとなった。ヨシムラチームは1回目7番手、2回目5番手と順調な滑り出し。

160715_20

MotoMapチームは1回目16番手、2回目13番手と、タイヤ開発をしながらのセッションとしては充実した走行となった。また今季鈴鹿初走行となったSERTチームは17番手からスタートし、2回目18番手とコースへの対応に時間をかけ、着実なセットアップを進めていった。3回目のセッションは雨が止み、路面が乾いていく中で行われた。ドライ走行ではヨシムラチームが4番手となり、Team KAGAYAMAは6番手、MotoMapはテスト項目を消化したことから今一つタイムは伸びず、20番手となった。SERTは26番手。

二日目は早朝まで雨が残ったものの夏日となったことから強い日差しが路面を照らし、9時からの走行スタート時にはほぼドライとなった。1回目のセッションではTeam KAGAYAMAの清成がタイムを上げ、3番手となった。4番手にヨシムラチーム、MotoMapが18番手、SERTが24番手となった。2回目もTeam KAGAYAMAが3番手のタイムを出し、ヨシムラチームが11番手、MotoMapは25番手、SERTは29番手。

スズキ勢は安定して上位に付けており、決勝での活躍が高まる8耐テストとなった。

【関連ニュース】
[SUZUKI]鈴鹿8耐久 公開合同テスト YOSHIMURA、三日間テストで総合トップタイムをマーク

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る