[HONDA]鈴鹿8耐 タイヤメーカー合同テスト 本番を思わせる暑さの中、決勝レースを見据えたテスト走行を敢行

160715_14

決勝レースに向けての最終テスト

真夏の祭典「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」(以下、鈴鹿8耐)決勝レースに向けての最終テストとなる、タイヤメーカー合同テストが鈴鹿サーキット(三重県)にて行われました。このテストには総勢46チームから63台、Honda勢は13チーム16台が参加しました。

昨晩降った雨がウソのように晴れ渡った鈴鹿サーキットは、直射日光が強く、肌が焼けるような暑さとなりました。路面にはところどころウエットパッチが残っていたものの、9時から始まったセッション1では各車とも通常のドライ路面と変わらないラップタイムで走行。本番さながらの高温となりつつあるコンディションでの走行に臨みました。

セッションが始まってわずか約14分で、1台のマシンがヘアピンで転倒してコースアウト。ライダーと離れたマシンがクラッシュパッドを飛び越えました。さらに、直後にヘアピン手前のコーナーに進入してきたマシンがバランスを崩し、高い速度のままコースアウト。グラベルを転がったマシンが再びコース上に飛び出してしまったことから赤旗が提示されました。

どちらのライダーにもケガがなかったことは幸いでしたが、流れ出たオイルの処理などに時間が割かれ、走行が再開されたのは約30分後。残り約45分の貴重な走行時間を有効活用すべく、多くのマシンがすぐにコースインしハイペースで周回を重ねていました。

セッション2が始まる30分ほど前には、突然大粒の雨が路面を濡らしました。再びウエット走行になるかと思われましたが、雨はすぐに止み、セッション開始までには強い日差しが顔を出したため、コンディションはドライに。各チームとも、雨雲レーダーを確認するなど天候の変化に気を使いながらテストプログラムを進めていきます。

このセッションも開始後24分で赤旗が提示されて中断しましたが、オイルの流出などはなく、10分弱で走行再開となりました。走行を重ね、ラップタイムを徐々に更新するチームが出る中、15時4分に再び赤旗が出たものの、これも10分ほどで再開となりました。

残り時間10分を切ったところで最後のタイムアタックが始まりました。このタイミングで自己ベストを更新するチームも多く、各マシンがテストの集大成とも言える走りを見せて走行時間が終了。直後にスコールのような豪雨に見舞われ、「テスト終了後でよかった」という関係者の安堵した声が聞かれました。

MuSASHi RT HARC-PRO.

MuSASHi RT HARC-PRO.は、前日に引き続きニッキー・ヘイデン選手(アメリカ 35歳)、高橋 巧選手(埼玉県 26歳)、マイケル・ファン・デル・マーク選手(オランダ 23歳)という布陣。異なるセッティングのマシン2台を乗り比べ、セットアップの方向を見定めていました。ベストタイムは高橋選手がマークした2分8秒519とHonda勢でトップ、全体では5番手でテストを終了しました。

160715_15
160715_16

F.C.C. TSR Honda

F.C.C. TSR Hondaは、渡辺一馬選手(栃木県 26歳)とパトリック・ジェイコブセン選手(アメリカ 22歳)の2名が積極的にライディング。さまざまなセッティングにトライし、セッションの後半でセットアップの方向性が定まりました。ラップタイムは2人とも2分8秒台をマーク。レースウイークに向けて明るい兆しが見えてきました。

160715_17
160715_18

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る