モータスポーツ向け戦略支援システムとスマートグラス「InfoLinker」が鈴鹿8耐決勝に導入決定

160714_110-vert

7月31日(日)に決勝レースが行われる真夏の祭典「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」において、コンピューターの開発を行うウエストユニティス(株)が開発したスマートグラス「InfoLinker」とロードレースの情報共有をピット内で行う「戦略支援システム」が、元WGPライダー上田昇監督が率いるTeam FRONTIERのピット内で、実導入されることが発表された。

「InfoLinker」は、レース中の主な情報(ラップタイム、ピットタイミング、走行位置、天候、ライダー交代と燃料残量の自動計算など)をリアルタイム表示することで、チーム内の情報伝達を行い、急な作戦の変更や騒音環境でも瞬時に必要な情報を共有することが出来る。

鈴鹿8耐 スマートグラスでレースの戦略支援をスムーズに

鈴鹿8耐でスマートグラス「InfoLinker」を使った戦略支援システムが元WGPライダー上田昇監督が率いるTeam FRONTIERが導入決定!!
元WGP ライダー上田昇監督が率いるTeam FRONTIERのピット内で、システム開発とウェアラブルコンピューターの開発を行うウエストユニティス(株)が開発したスマートグラス「InfoLinker®」とロードレースの情報共有をピット内で行う「戦略支援システム」が鈴鹿8耐で実導入されることとなりました。
(※戦略支援システムを使用するのは最終日の31日となります。)

■戦略支援システムとは
レース中の主な情報(ラップタイム、ピットタイミング、走行位置、天候、ライダー交代と燃料残量の自動計算など)をスマートグラス「InfoLinker」上にリアルタイム表示することで、チーム内の情報伝達を行う。急な作戦の変更や騒音環境でも瞬時に必要な情報を共有することが出来る。

160714_111

■チーム監督:上田昇氏 プロフィール

 
1989年、ノービス125ccでレースデビュー。
1991年、WGP(ロードレース世界選手権)鈴鹿で行われた開幕戦に、ワイルドカードで初参戦し、ポール to WINを果たす。その後、35歳で現役を引退するまで通算160戦に出場し、優勝13回、史上最高の獲得ポイント1412Pを獲得する。引退後はMotoGPのTV解説、teamNOBBYの代表を務め、次世代の日本人ライダーの育成に取り組んでいる。
160714_104

 

スマートグラス InfoLinker

軽量・明快なデバイス
160714_106

ウェアラブルデバイスに最適化されたパッケージソフト
160714_107

 

InfoLinker スペック

右目・左目 どちらでも装着可能
再起動なしで電池交換(ホットスワップ)が可能

ボタン 4個
タッチセンサ 1 個
重量 約50g
解像度 WQVGA(428×240)
アスペクト比 16:9
視野角
(対角)
14度
CPU TI OMAP 4470 dual-core MAX1.5GHz
OS Android 4.2.2
RAM
(メインメモリ)
1GB
ROM
(ユーザーメモリ)
8GB
センサ 3軸加速度、3軸ジャイロ、3軸磁気
カメラ画素数 有効画素 1992×1216
マイク 16bit モノラルマイク
音声入出力 4極ミニジャック
Bluetooth Bluetooth 3.0
(A2DP / AVRCP / ANP / PASP / TIP / SPP / ICP / HFP / HID)
無線LAN 型番:WUZ-01B
IEEE 802.11 a/b/g/n
型番:WUZ-01A
IEEE 802.11 b/g/n
USB 端子 Micro-B
バッテリータイプ Li-ion polymer
バッテリー稼働時間 約 1 時間
※使用アプリケーションによる
バッテリー容量 300mAh
外部電源 モバイルバッテリーによる給電可能(別売)
充電器 5本同時に充電可能

160714_108

 
→全文を読む

情報提供元 [ ウエストユニティス ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る