創業120年の歩み!カワサキ、120周年記念スペシャルサイトをオープン

160712_172

カワサキは、創業以来120年に及ぶ歩みを紹介する120周年記念スペシャルサイトを公開した。

造船業から始まり、現在ではモビリティ、エネルギー、産業機器、そしてモーターサイクルをはじめとするレジャー製品と、さまざまな分野へと拡大しそれぞれの領域で新しい価値を創造し続けていくカワサキの歩みが紹介されている。

>>120th Anniversary 特設サイト

20th Anniversary

頂点をめざす。可能性を広げる。川崎重工120年の歩み。
川崎重工は、常にテクノロジーの頂点を目指すことで、事業領域を拡大しながらも各分野におけるリーディングカンパニーであり続けてきました。創業以来120年に及ぶ、その歩みをご紹介いたします。

幅広い事業展開で培った独自の技術は、モーターサイクルのライドフィールにも強い影響を与えています。それは、歴史的名車と称されるZ1やオリジナルNinjaから最新のNinja H2にまで、変わることなく継承されているカワサキのこだわりの「走り」なのです。カワサキのモーターサイクルは、「走り=RIDE」への「こだわり=IDEOLOGY」すなわち「RIDEOLOGY」によって、全てのライダーの心を豊かにします。

 

1896

株式会社川崎造船所を創業。その第一番船が727総トンの貨客船「伊豫丸(いよまる)」です。川崎造船所の歴史は日本の近代造船の歴史と言えます。
fig1896_pc

 

1911

1907年に車両制作を開始。4年後に国産化第一号の蒸気機関車を世に送り出しました。
fig1911_pc

 

1922

1918年兵庫工場に飛行機科を設置。その4年後に当社初の航空機を完成させました。
fig1922_pc

 

1952

航空機用エンジンの開発・生産ノウハウを活用し二輪車用エンジンの第1号機「KE-1」を設計。モーターサイクルの分野へ進出します。
fig1952_pc

 

1972

量産車として世界で初めて、DOHCインラインフォーエンジンを搭載したモデルが「Z1」。スーパースポーツの先駆をなす名車として今日まで語り継がれています。
fig1972_pc

続きはこちら>>120th Anniversary 特設サイト

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る