[SUZUKI]鈴鹿8耐久 公開合同テスト YOSHIMURA、三日間テストで総合トップタイムをマーク

160712_139

2016年7月4日(月)~6(水)
鈴鹿8時間耐久ロードレース 公開合同テスト
場所:三重県・鈴鹿サーキット

スズキ勢全体が上位に付け、順調な滑り出しを見せる

2016年鈴鹿8耐に向けた公開合同テストが7月4日から6日までの三日間、三重県鈴鹿サーキットで行われた。今回のテストにスズキ勢からは、YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCEチームが津田拓也と芳賀紀行、 Team KAGAYAMAから加賀山就臣、清成龍一、浦本修充、MotoMap SUPPLYから今野由寛、ジョシュ・ウォーターズ、青木宣篤らが参加した。

160712_140

例年、まだ梅雨の明けない時期に事前テストが行われ、特に昨年は雨と低い気温によってレースウイークとは大きく異なるコンディションに悩まされたが、今年は多少雨の影響を受けたものの、高温、ドライの中でテストを行うことができた。

初日はYOSHIMURAチームが芳賀、KAGAYAMAチームは清成、MotoMapチームの青木宣篤らが各チームの今年型マシンに初ライドとなることからその対応と、レギュラーライダーによる決勝へ向けたセットアップを平行して進める作業からスタートした。

ところが残念ながら午前中のセッションは西コースに雨がパラついてしまい、対して東コースはドライという難しいコンディションになってしまった。それでも各チームともにラップを重ね、マシンに対する理解を進めていった。午後は完全なドライとなり気温も上昇。

160712_141

そんな中、YOSHIMURAチームは芳賀紀行で早くもロングラン走行を敢行。芳賀もこれに応え、順調にこれをクリアして見せた。夜間走行も行われ、初日から決勝に向けた準備が進められていった。

この日の総合トップはYOSHIMURAチームの2’08.830、KAGAYAMAチームが総合3番手で2’09.224、MotoMapチームは総合10番手となる2’10.982となった。夜間走行ではYOSHIMURAチームが参考ながら2’07.470をマークし、コンディションが安定していれば7秒台は入れられることが確認できた。

160712_142

二日目は安定したドライコンディションの中での走行となった。また初日は路面のグリップが今ひとつ上がらず、通常とはやや異なる状況に各ライダーともに手こずっていたが、二日目はグリップが高まり、通常の鈴鹿の路面状況に戻ってきていた。

気温もぐんぐん上がり、35度を超える真夏日となった。この日の総合トップに立ったのはKAGAYAMAチームで2’08.642をマーク。しかし午前中には急に上がった路面温度の影響もあり、加賀山、浦本ともに転倒。ライダーにケガはなく、その後も順調にタイムを詰めていっての総合トップタイムとなった。

160712_143

YOSHIMURAチームは路面コンディションの変化にやや対応が遅れた印象で、この日は2’09.413のタイムで総合8番手。MotoMapチームは2’10.516で総合11番手となった。またこの日はYOSHIMURAチームの芳賀が、同チーム伝統の赤と白のスペシャルヘルメットで登場。チームスタッフとファンを喜ばせた。

三日目は早朝まで降り続いた雨が最初のセッション時には少し路面に残る状況の中で、走行スタートとなった。それでも30度を超える真夏日の太陽に路面はすぐ乾き、テストは順調に進められていった。

160712_144

YOSHIMURAチームの津田はこの日も安定してラップし、午前中に2’07秒台へタイムを入れると、午後はさらにタイムアップ。2’07.479をマークし、三日間通しての総合トップとなった。KAGAYAMAチームはこの日、2’08.474で5番手、MotoMapチームは2’09.841で10番手となった。

この後、7月13日、14日は車両メーカー、およびタイヤメーカーテストが行われる。このテストには、YOSHIMURAチームにジョシュ・ブルックスが加わり、また今回は参加しなかったSUZUKI ENDURANCE RACING TEAMも来日し、決勝へ向けた最後の調整が進められることとなる。

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る