【新車】ヤマハ、YZシリーズのグラフィックイメージを採用した「WR250R」 2017年モデルを発売

03_WR250R_DPBSE_3

ヤマハ発動機は、水冷・4ストローク・FIの高性能エンジンをアルミフレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」のグラフィックを変更し2016年9月12日より発売する。

「ディープパープリッシュブルーソリッドE」(ブルー)に採用の新グラフィックは、2017年YZシリーズ同様「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れており、レーシーなイメージを演出している。

2017年YZシリーズのグラフィックイメージを採用 「WR250R」 2017年モデル

04_WR250R_DPBSE_4

「ディープパープリッシュブルーソリッドE」(ブルー)に採用の新グラフィックは、2017年YZシリーズ同様「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れており、レーシーなイメージを演出します。ビッグロゴグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)は継続設定します。

なお、スーパーモタードの走りが楽しめる「WR250X」の「ヤマハブラック」(ブラック)と「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)は継続設定します。

 

名称

「WR250R」
「WR250X」

発売日

2016年9月12日

カラーリング

「WR250R」
ディープパープリッシュブルーソリッドE(新グラフィック/ブルー)
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

「WR250X」
ヤマハブラック(ブラック)
パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

販売計画

1,500台(シリーズ合計/年間、国内)

メーカー希望小売価格

「WR250R」
721,440円
(本体価格668,000円、消費税53,440円)

「WR250X」
753,840円
(本体価格698,000円、消費税55,840円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

 

WR250R_ディープパープリッシュブルーソリッド

03_WR250R_DPBSE_3

03_WR250R_DPBSE_304_WR250R_DPBSE_401_WR250R_DPBSE_102_WR250R_DPBSE_2

 

WR250R_パープリッシュホワイトソリッド

07_WR250R_PWS1_3

07_WR250R_PWS1_308_WR250R_PWS1_405_WR250R_PWS1_106_WR250R_PWS1_2

 

WR250X_ヤマハブラック

11_WR250X_YB_3

11_WR250X_YB_312_WR250X_YB_409_WR250X_YB_110_WR250X_YB_2

 

WR250X_パープリッシュホワイトソリッド

15_WR250X_PWS1_3

15_WR250X_PWS1_316_WR250X_PWS1_413_WR250X_PWS1_114_WR250X_PWS1_2

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、新型となる「YZ125X」など、2017クロスカントリーエンデューロモデル4機種を発表
◆【新車】ヤマハ、エンジン・車体性能を向上させたモトクロッサー「YZシリーズ」2017年モデルを発売

 
→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. キムコは、画期的なEVスクーター「New Many 110 EV」と「Nice 100 EV…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る