[HONDA]鈴鹿8耐 THE STORY F.C.C. TSR Honda 「世界一をつかむために」

160712_136

「バイク一筋でやってきたチームで勝ちにいく」
藤井正和総監督

F.C.C. TSR Hondaは、決勝を走る3人のライダーが、合同テスト初日から顔をそろえた。今年は、4月にフランスのル・マン24時間耐久、6月にポルトガルのポルティマオ12時間耐久に挑んで、ル・マンでは3位と結果を出してからのホームレースである。チーム総監督の藤井正和氏は、いつもに増して自信とやる気がみなぎっている。

藤井:
「やっぱり近づいてくると興奮してくるよね。EWC(FIM世界耐久選手権)に出たのは、ここで結果を出すためでもあるから。24時間や12時間を経験するとスタッフも8時間は短いって感じるだろうね」

世界の耐久を走って人生観が変わったと話す。外に出たことで、鈴鹿8耐がこれまでよりよく見えてきた。そして、自分たちの実力が世界でもトップレベルにあると分かった。逆にそれは鈴鹿8耐で鍛えられてきたおかげでもあると藤井総監督は思っている。そして、今年も暑い熱い夏が始まった。この合同テストでも焦りはない。

藤井:
「みんなが集まるのは初めて、あのマシンを走らせるのも初めて。控えめな言い方だけど、一つでも乗り越えて前に進められればいいかな。ダメなものはダメというのを把握して、みんなで調整する。それがこのテストのテーマだね。レコードを作るとか、何秒で走るとかは二の次三の次ですよ」

160712_137

2009年にST600でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した渡辺一馬。Hondaが4ストローク直列4気筒エンジンを供給している激戦のMoto2クラスを走っている、ドミニク・エガーター。CBR600RRでスーパースポーツ世界選手権(WSS)のトップクラスを走るパトリック・ジェイコブセン。今年、チームに招き入れた3人に共通するのは、4ストローク600ccマシンでの走り方を知り尽くしていること。

藤井:
「8耐は準備の時間があまりなく、その決まった中で勝てるパッケージを作らなければいけないからね。600ccの経験で走りのベクトルが同じ方向を向いている3人は狙い通り。うまくいくはずだよ。今日は、とりあえずチームスタッフが寝ずに今朝まで仕上げたマシンを走らせることができてすごくうれしい。バイク一筋で実績を積んできたチーム一丸で勝ちにいきますよ」

合同テスト2日目に、シケイン立ち上がりでエガーター選手が転倒、体は無事だがマシンは大きなダメージを受けた。スタッフが全力で修復するも翌3日目に今度はジェイコブセン選手が転倒。残り1台のマシンを交代で走らせ、短い時間でセッティング。それでも3人とも上位である2分8秒台に入れてきたのはさすがだ。藤井総監督はテスト初日にこう語っていた。

藤井:
「決勝までにやることはいっぱいあるけど、瞬間、瞬間にマシンをまとめる能力が大切。これからレースをやれって言われても、俺たちはいいところに入るよ。そう思っているし、自信がある。そういう実力のあるチームにしてきたからね」

160712_138

トラブルがあっても素早く対処して結果を出す。ライダーを含むチーム全体の能力があれば乗り越えられる。それが如実に出たテストであった。そして、藤井総監督の視線には“世界一”ということが、しっかりと見据えられている。

【関連ニュース】
[TSR]課題も明確になった3日間の鈴鹿8耐公開テスト
[HONDA]2016 鈴鹿8耐 公開合同テスト 決勝に向け58チームが参加

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  2. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
  3. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  4. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
ページ上部へ戻る