[HONDA]全日本モトクロス2016 Team HRC現場レポート vol.34

160712_135

vol.34 シーズンの折り返し点。序盤の好調を取り戻すために

全日本モトクロス第5戦(7月3日・神戸・神戸空港島特設コース)は、今シーズンの折り返し点となる重要なレースでした。Team HRCの戦績は、成田亮選手(#982・CRF450RW)=IA1総合4位(2位/6位)、能塚智寛選手(#28・CRF250RW)=IA2総合3位(3位/3位)。今回の現場レポートでは、Team HRCの河瀬英明チーフメカニックに神戸での戦いを振り返っていただきます。

河瀬英明チーフメカニック

160712_134

「昨シーズンに続いて2度目の開催となった神戸大会ですが、IA1およびIA2のポイントリーダーとして臨む我々としては、現在の位置をキープしつつ、さらにポイント差を広げたいという目標がありました。やはりシリーズの折り返し点ですし、レースで勝つことはもちろんですが、チャンピオンシップ制覇に向けた戦い方も見据えていました。

成田にとっては、ちょうど1年前の神戸で新しい車両をデビューさせながら、芳しい成績を残せなかったラウンドなので、ぜひともリベンジしてもらいたい。能塚に関しては、前戦菅生の成績が悪かったので、マシンの仕様やレースの組み立て方に間違いはなかったのか、ここで再確認をしたいと考えていました。」

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る