[HONDA]WCT Rd.6 トニー・ボウ、10連覇への天王山を制す

160711_23

■2016年7月10日(日)・決勝
■会場:コンブレン・オー・ポン

Repsol Honda Teamのエースライダー、トニー・ボウ(Repsol Honda Team)が10度目の世界チャンピオンになる日が近づいています。ベルギーでの一戦も確実に勝利して、これで今シーズン8勝目となりました。

一方、チームメートの藤波貴久とハイメ・ブストは、それぞれ5位と6位と、表彰台を逃す結果となりました。

今回のベルギー大会は、今シーズンで唯一、日曜日のみ開催の大会でした。開催地はベルギーの大都市・リエージェに近い小さな町、コンブレン・オー・ポン。ここでは2年前にもベルギー大会が開催されていて、ボウが大雨の中で勝利しています。コースは非常にテクニカルで、ライダーのミスを誘うものでした。

今回、試合序盤でのボウは、調子がいいとは言えませんでした。僅差ではありますが、1ラップ目の順位は4番手。トップのアルベルト・カベスタニー(シェルコ)との点差は4点、3位の藤波との点差は2点です。ボウは転倒もあり、痛めていた肩をまた痛めてしまいました。

ボウの真価は2ラップ目に発揮されました。1ラップ目の上位陣が減点を増やす中、ボウは第2セクション、第7セクションの5点以外は、3点が一つだけという好スコアをマークしました。この時点で、ボウはトップに浮上しました。最後には、2位のアダム・ラガ(TRS)に10点差をつけて、今シーズン8勝目を挙げました。

藤波は、前戦フランス大会での勝利の勢いを今大会に持ち込みたいところでした。その目標はランキング3位の奪還。序盤は好調で、表彰台の獲得は確実かと思われていたのですが、3ラップ目に大きなクラッシュもあり、5位に甘んじました。表彰台まで7点、4位とはたった1点差でした。ランキングポイントではカベスタニーに若干詰め寄られましたが、まだランキング3位を維持しています。

Repsol Honda Teamの3人目の若手ライダー、ブストは、今回もまた表彰台争いを展開しましたが、3ラップ目にミスを犯して表彰台争いから脱落、藤波に7点差の6位に甘んじています。

次のトライアル世界選手権は今週末に、イギリスで開催されます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  2. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
  3. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
  4. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
ページ上部へ戻る