ミシュラン、天然ゴムを持続可能な資源とするための方針を発表 「森林破壊ゼロ」を理念に天然ゴムを使用

160711_05

世界的大手タイヤメーカーであり、世界最大の天然ゴム購入企業の一つであるミシュラングループは、天然ゴムを持続可能な資源とするための「持続可能な天然ゴムに関する方針2016年版」を発表した。

その中では環境の保護について言及しており、「森林破壊ゼロ」「ゴム栽培が動植物および自然の生態系に与える影響の抑制」を理念に、天然ゴムを使用することを掲げている。

以下プレスリリースより

ミシュラングループ
「持続可能な天然ゴムに関する方針2016年版」

世界的大手タイヤメーカーであり、世界最大の天然ゴム購入企業の一つであるミシュラングループは、継続的かつ責任のある天然ゴムのサプライチェーン管理に努めており「SUSTAINABLE NATURAL RUBBER POLICY 2016 edition」で2015年にグループが発表したパブリックコメントを詳説しています。

グループは今後、天然ゴムの生産、加工、マーケティングに携わるサプライヤーに本方針に準拠することを求めていきます。

これらのコミットメントは、2014年5月にシンガポールで開催されたWorlds Rubber Summitで「Industry Advisory Panel(IAP)」が行った提案に基づき「International Rubber Study(IRSG)」が採択した天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアチブ「Sustainable Natural Rubber Initiatives(SNR-i)」から生まれ、その主要構成要素を包含しています(※1)。

ミシュランにおける持続可能な天然ゴムに関する方針には5つのテーマがあります。

セクション1 人の尊重

セクション2 環境の保護

セクション3 農業技術の改善

セクション4 天然資源の慎重な利用

セクション5 健全なガバナンスの実践

上記5つのテーマのうち「セクション2 環境の保護」について以下に詳説しています。

※1 www.rubberstudy.com

セクション2 【環境の保護】

森林破壊ゼロ

160711_06

ミシュラングループは、自然林の保護、特にゴム栽培の拡大によって危険にさらされる可能性のある原生林や環境的価値の高い場所の保護に努め、責任ある土地管理方針を推進します。
グループは、あらゆる妥当な手段により「森林破壊ゼロ」理念に完全に適合するプランテーションで生産された天然ゴムのみを使用することを保証します。

– 国内の森林保護法を守る。

– 原生林を全面的に保護し、保存する。

– HCVリソースネットワーク(https://www.hcvnetwork.org/)が定義し、 監査する高保護価値(HCV)地域を保護し、保存する。

– HCSアプローチ運営グループ(http://highcarbonstock.org/)が定義し、監査する高炭素蓄積(HCS)地域を保護し、保存する。

参加型マッピングを使用したこれらの地域の特定および適切な管理方法の説明は、すべてのステークホルダー(地域社会、学術団体、機関および非政府組織)と相談して行い、経済的、社会的、環境的ニーズが考慮されていること、および提案される栽培手法が社会的に容認されていることを確認します。手続きや方法は、これらの地域が破壊、開発、損傷されない形で実行します。

土地の開発が極めて強く求められることが明確な場合には、地域、国内、国際的なステークホルダーが意思決定プロセスに参加する必要があります(HCVリソースネットワークおよび高炭素蓄積アプローチ運営グループのピアレビューパネルなど)。

 

ゴム栽培が動植物および自然の生態系に与える影響の抑制

市民活動団体と協力し、地元住民の経済的、社会的、環境的ニーズを考慮しながら、動植物、水、土壌を保護し、最適な土地利用計画を策定しています。

■森林の保護
自社プランテーションで以下を順守します。

– いかなる者からもすべての高保護価値(HCV)、高炭素蓄積(HCS)生態系を保護

– 自然の生態系を変えるインセンティブを提供しない

– 不正活動に加担するすべてのインフラ利用を防止

– 法律に従って保護領域を回復

■地表水と地下水の保存
天然ゴムの栽培、収穫、加工に関連する業務が地表水または地下水に悪影響を与えないことを保証します。

国内/国際法の規定および環境保護のベストプラクティスに従って河川および河岸を保護します。また、必要に応じて環境復元活動を実行します。
水資源の使用に関する現地法の規定および地域の権利に従います。

■泥炭地の保護
既知の泥炭地ではあらゆるかたちのゴム生産または排水活動を行いません。これらの領域は、現地ステークホルダーとの協力で実施される活動プランの一環として全面的に保護し、保存します。また、深さに関係なく、有機物を65%以上含む土壌を「泥炭地」としています。

■責任ある廃棄物管理
可能な限り、農業や産業活動あるいは社員とその家族に起因する廃棄物や副産物を収集、処理、リサイクルするシステムを事業所に設置します。

■化学物質の使用抑制
ゴム栽培には危険な化学物質を大量に使用する必要はありません。しかし、生産や加工のさまざまな段階で、業務の全体的な効率を高めるために化学物質を使用する場合があります。化学物質の使用に関して厳しい規則に従い、化学物質の使用(購入、輸送、保管、使用)に関する最高基準を適用します。

– ロッテルダム条約およびストックホルム条約で禁止された化学物質を、これらの条約が採択されていない国においても使用しない。

– 天然または人工の化学物質による水資源の汚染リスクを抑える。

– 社員が適切な個人保護具を使用し、許可された化学物質を正しく使用すること(輸送、保管、濃縮、取り扱い)を保証する。化学物質の慎重な使用についてサプライヤーも同じ理念に従うよう、啓発と奨励に努めています。

■臭気の軽減
再練りの工程は臭気を放ちます。工場において、臭気を軽減するベストプラクティスと最新技術の導入に努力しています。また、サプライヤーにも同様のソリューションを奨励しています。

→全文を読む

情報提供元 [ 日本ミシュランタイヤ株式会社 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る