[YAMAHA]SBK Rd.9 アレックス・ローズがレース1で5位入賞

Lowes, Canepa, U.S. WSBK Race 2, 2016.

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第9戦アメリカ大会
■開催地:アメリカ/マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ(1周 3.610km)
■周回数:レース1:25周(90,250km)/レース2:21周(75,810km)

レース1
■開催日:2016年7月9日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:22度
■路面温度:46度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分22秒155)
■FL:C・デイビス(ドゥカティ/1分23秒443)

レース2
■開催日:2016年7月10日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度
■路面温度:45度
■PP:T・サイクス(カワサキ/1分22秒155)
■FL:D・ジウグリーノ(ドゥカティ/1分23秒522)

ローズがレース1で5位入賞

【レース1】

カリフォルニアの明るい太陽に照らされたマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ。MOTUL FIMスーパーバイク世界選手権第8戦が開催され、その第1レースでPata Yamaha Official WorldSBK TeamのA・ローズが5位を獲得した。チームメイトのN・カネパも3戦連続でトップ10入りを果たして好調。

スタートで飛び出し、オープニングラップで一気に4つポジションを上げたローズ。6位で1周目を終えたあとそのまましばらくキープし、5ラップ目でもう一台パスして5位に浮上した。表彰台を強く意識したローズは中盤戦に向けてペースを上げてゆき、ついには3位のライダーに追いついて仕掛けるが成功せず。表彰台獲得は実現しなかったものの、3位に1秒足らずの差まで近づいて5位でチェッカー。シリーズポイントを11ポイント獲得してランキング10位をキープした。

一方、グリッド3列目からスタートしたカネパは序盤で9位をキープ。2ラップ目で一時12位まで順位を下げたが、すぐにペースを取り戻して挽回を開始した。懸命にプッシュしたカネパはレース中盤で10位へ復帰。そのあとは最後までそのポジションをキープしてチェッカーを受けた。

明日の日曜日、現地時間11:00にウォームアップ・セッションが行われ、14:30から 第2レースがスタートする。

カネパが8位

【レース2】

MOTUL FIMスーパーバイク世界選手権第9戦の第2レースは、5周目にレッドフラッグが提示されて一時中断。劇的な展開のなかでPata Yamaha Official WorldSBK TeamのN・カネパが8位獲得と健闘。チームメイトのA・ローズは最終ラップのアクシデントで14位となった。

自己通算75回目の世界選手権スーパーバイクに出場したカネパ。スタート直後に12位に後退したが、すぐにペースをつかんで挽回し、スターティング・ポジションの9位まで再浮上。5ラップ目には1台パスして8位に上がり、前方を行く次のターゲット、4位争いの集団を追って行った。安定した速さを見せつけながら、ポジションをキープしたまま中盤を迎えたが、チームメイトのローズに抜かれて9位へ後退。しかし慌てることなく冷静にチャンスを窺い、最終ラップを待って8位を奪い返した。最終ラップの最終コーナーでアクシデントが発生し、ここまでの進化のすべてが脅かされそうになったが、クレバーな判断でこれを回避して8位でチェッカーを受けた。

一方のローズは、10位グリッドから好スタートを切ってオープニングラップを8位で終了。そのまま順調に周回を重ねて6位に上がり、レース中盤は6台の集団に膨れ上がった4位争いに加わった。しかし終盤になって徐々に後退して再び8位。そして最終ラップでは転倒を喫し、すぐさま再スタートを図ったものの14位に留まった。

Pata Yamaha Official WorldSBK Teamはこのあと、イギリスの本拠地へ戻ってサマー・ブレイクに入る。MOTUL FIMスーパーバイク世界選手権は9月16日金曜日、ドイツのラウジッツリンクで再開する。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  2. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
  4. 全日本ロードレース選手権最終戦第49回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿が、鈴鹿…
ページ上部へ戻る