[新車]ヤマハ、新しいスクランブラーモデル「SCR950」を北米向けに発売

scr950_009-20160706

Yamaha Motor USAは、BOLTをベースにしたスクランブラーモデル「SCR950」を北米市場で発売する。

スクランブラーモデルに新たな一台。「SCR950」

北米市場だけでなく世界各国でムーブメントになりつつある、「スクランブラー」スタイルに新しい一台が投入される。ヤマハとしてはXSR900を含めた、「スポーツ・ヘリテイジ」に属するモデルと位置付けている。

ベースはBOLTであるが、リアタイヤを16インチから17インチに拡大。シートフレームを含めフレームも一部新設計され、タンクからシートまでのデザインは、大きく異なったものになっている。

ハンドルもアップスタイルなポジションに改められ、「ダートトラッカー」のような雰囲気も得ており、ゼッケンプレート風のサイドカバーには、クラシカルなラインデザインと、「SCR950」のタイポグラフィが描かれている。

貴重な「空冷エンジン」を搭載

scr950_008-20160706

エンジンはBOLTと共通の942cc 空冷SOHC4バルブ 60度V型二気筒を採用。5速ミッションで、圧縮比なども変更はない。ベルトドライブであることも共通だ。

燃料タンクは13リットルでホイールはスポーク仕様のアルミリムと、クラシカルなテイストを演出。298mmのウェーブディスクブレーキと、ブロックパターンの19インチタイヤ、リアには同じく298mmのシングルウェーブディスクで、17インチのブロックパターンのタイヤを装着している。

サスペンションは41mmの正立テレスコピックフォーク、リアにはピギーバック式のツインショックが採用されている。ある程度のオフロード走行もこなせてしまう足回りだ。

scr950_011-20160706scr950_014-20160706

販売価格はアメリカで8699ドル、日本円で約88万円ほど(2016/07時点)。現時点で日本での発売は発表されていないが、北米では7月から発売が開始される。
アンダーガードや、ゼッケンプレートなど、XSR900同様にメーカー純正のカスタムパーツも多数用意されている。

scr950_010-20160706scr950_013-20160706

プロモーションPV

SCR950 デザイン

Rapid Red

scr950_005-20160706

scr950_006-20160706scr950_003-20160706scr950_004-20160706

Charcoal Silver

scr950_001-20160706

scr950_002-20160706scr950_019-20160706scr950_019-20160706

scr950_017-20160706

scr950_016-20160706scr950_015-20160706scr950_012-20160706

情報提供元 [ Yamaha Motor USA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る