[56RACING]鈴鹿サンデーロードレース Rd.2 埜口選手が総合4位、NSFチャレンジクラス3位を獲得

0J8A3073

〔エントリー25台, 予選:6位, 決勝:総合4位, NSF250R Challenge 3位〕

56RACINGの参戦する鈴鹿サンデーロードレース第2戦が開催されました。

今回はCBR250Rドリームカップに出場している渡辺瑛貴選手が、前回の筑波で負った怪我の為大事をとって欠場となり、チームとしてはNSF250Rチャレンジクラスに参戦する埜口遥希選手のみの出場となりました。

前日の練習では、エンジンの不調で20分のみの走行となってしまい、不安を残してのレースウィークとなりました。

0J8A2999

予選でもマシンの確認が中心の走行となってしまいましたが、埜口選手も調子を上げて何とか6番手で2列目のグリッドを獲得しました。

決勝では、スタートを決めてトップグループ4台でのレースとなりました。懸念していたマシンの調子も戻り、ベストタイムを刻みながらの走行となりましたが、上位はさらに後半にタイムをあげた為、最終的には総合4位、NSFチャレンジクラス3位いう結果でした。

0J8A2801

練習から調子を上げられず、前回優勝した勢いを繋げる事が出来なかったのが悔しいですが、上位選手とバトルでは学ぶ事も大きかったと思います。

次戦の7/16の筑波大会も、よろしくお願い致します。

ライダープロフィール

埜口遥希(のぐち はるき)

160208_122

【生年月日】2001年6月20日生まれ(14歳)中学2年生
【出身地】奈良県
【現住所】奈良県橿原市
【身長】168cm
【体重】48kg
【血液型】RH+O
【特技】持久走
【将来の夢】MotoGPチャンピオンになること
【NSF250RChallengeの目標】HRC NSF250RChallengeグランドチャンピオン獲得

【主なレース歴と戦績】
2007年 6歳よりキッズバイクでサーキットを走る
2008年 明智ヒルトップサーキット、桶川スポーツランドなど
RIDING SPORTS CUP、近畿スポーツランド杯キッズバイククラスに参戦
4年間で35レース中13勝の成績を残す
2012年 RIDING SPORTS CUP美浜シリーズMクラス チャンピオン
2013年 近畿スポーツランド杯ミニバイクロードレース
M-EXクラス チャンピオン
まるち杯全国大会 堺カートランドSP-12クラス優勝
2014年 MFJジュニアライセンスを取得、鈴鹿サンデーロードレース
2015年 56RACINGチームより CBR250RCUP 参戦
CBR250RCUP 鈴鹿グランドチャンピオン大会 出場
SPORTS CUP、近畿スポーツランド杯キッズバイククラスに参戦
岡山国際サーキット地方選手権、J-GP3クラスに参戦

情報提供元 [ 56design ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  2. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  3. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  4. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
ページ上部へ戻る