[REDBULL]MotoGP ライディングスタイルの進化

160705_157

現代のMotoGPで主流とされるコーナリングテクニック「肘擦り」に至るまでのライディングスタイル変遷の歴史を紐解いてみよう。

Honda RC213Vを駆るマルク・マルケスが我々に提供するスペクタクルは、現代のモータースポーツ界において唯一無二のものだ。このスペイン人ライダーのコーナーリングスタイルは、マシンを約70°まで傾けて膝と肘を路面のターマックに擦り付けるという過激なもので、その間、マシンのタイヤは最適なトラクションを捉えようと不安定に細動する。

自身が編み出したこのスタイルによって、マルケスはターマックに触れつつも落車はしないというトリッキーなカオス状態を制しながらレースで勝利を重ねており、ワールドチャンピオンという結果も導き出している。

だが、現代のMotoGPライダーたちはいかにしてこのような想像を超えた過激なスタイルまで行き着いたのだろうか?

その進化は決してわかりやすい一本道だったわけではない。あるライダーは他よりも少しだけ低くマシンを傾け、別のライダーはマシンから更に深くハングオフするなど、あらゆるライダーが様々な試行や研鑽を積み重ねてきた結果として今日のマルケスのスタイルがあるのだ。

そして、マルケスのスタイルを最終進化形とするのは必ずしも正解ではない。MotoGPの歴史とはライディングスタイルにおける革新の歴史でもある。マルケスはあくまでも現時点での最新形を提示しているにすぎないのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ RedBull ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る