[KTM]2016 EnduroGP Rd.6 ワトソンがE1で、サンツがEWで両日ともに勝利

160705_138

『2016エンデューロGP/第6戦スペイン』

ファクトリーチーム/KTM ENDURO FACTORY TEAMからはE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#91Nathan Watson(ネイザン=ワトソン/250EXC-F)は両日ともに優勝、#25Ivan Cervantes(イワン=セルバンテス/250EXC-F)は初日7位/2日目5位でフィニッシュ。E2クラス(2st250cc/4st450cc)に参戦した#33Taylor Robert(テイラー=ロバート/350EXC-F)は初日7位/2日目5位、#7Christophe Nambotin(クリストフ=ナンボティン/350EXC-F)は初日リタイヤで2日目は出走せず。また2016エンデューロ・ウーマン世界選手権/EWに参戦した#44Laia Sanz(ライア=サンツ/350EXC-F)は両日ともに優勝を飾りました。

■Enduro1(E1)クラス

今シーズン、KTMのファクトリーエンデューロチームに加入したワトソン。モトクロスからの転向にも関わらずエンデューロに見事にフィットし、すでに好成績を残しています。そして今大会は両日ともに勝利し、ポイントスタンディグスにおいてもトップに5ポイント差にまで詰め寄りました。

前戦まで2戦連続で開催されたスカンジナビア・ラウンドは、初戦フィンランドが両日ともに2位、次戦スウェーデンでは初日優勝/2日目2位と、惜しくも完全優勝はなりませんでした。しかし今大会のワトソンは強かった。初日は7つのテストでトップタイムを叩き出し、終わってみれば2位に約38秒もの差を付けて優勝。

2日目、ワトソンはいくつかのミスを冒しながらも2位に約28秒差を付けて勝利しました。チームメイトのセルバンテスは初日7位/2日目5位。またKTMを駆るVictor Guerrero(ビクター=ゲレッロ)が両日ともに4位でフィニッシュしています。

ワトソンのコメント:
「初日はプッシュして走らざるを得なかった。テストの難易度が低く、ライバルたちのラップタイムが速くなると予想できたからだ。厳しいレース展開だった。一度クラッシュしたが、全体的にうまくまとめることができた。いつも通りにレースを進めたら、自然と勝利をつかみ取ることができた。2日目は疲れが残り、その結果タフなレースになった。わずか2秒のリードしか持たないままファイナルテストに挑んだが、そこでも何とか勝つことができた。チャンピオンシップにとっても大きな影響を持つレースになった」

セルバンテスのコメント:
「良いスタートを切り、スーパーテストでは良いパフォーマンスを発揮できた。しかしその後は良いフィーリングが得られずミスを多発してしまった。フィーリングの良い場所と悪い場所がハッキリとしすぎてしまい、アベレージスピードを上げることができなかった。なぜそうなったのか、その理由を見つけることができなかった。次戦までには、良いフィーリングを取り戻せるよう作業を続ける」

160705_139

■Enduro2(E2)クラス

ロバートとナンボティンにとって、今年は厳しいレースが続いています。ロバーツは初日7位/2日目5位。本大会は、思い通りにレースを運ぶことができませんでした。一方ナンボティンは初日、モトクロステストで激しくクラッシュしリタイヤ。その影響で2日目はスタートしませんでした。

ロバートのコメント:
「大きなクラッシュこそなかったが、小さなミスが続いてしまった。良いフィーリングを探りながら走り、気がつけばレースは終わりを迎えていた。プッシュしてもまだ思うようにペースを上げられない」

160705_140

■Enduro Woman(EW)クラス

ダイナミックなライディングフォームで駆ける強いサンツが戻ってきました。本大会で両日優勝を成し遂げたサンツは、わずか2ポイント差ながらポイントスタンディングスでもトップに浮上しました。またドイツ人ライダーのMaria Franke(マリア=フランク)が両日ともに2位でフィニッシュしました。

サンツのコメント:
「やっと両日優勝を果たすことができた。前戦から2週間ほど開いたおかげでエンデューロマシンに乗り込み、やっとラリーマシンのフィーリングから抜け出すことができた。各テストでのフィーリングも戻ってきた。両日を通して良いフィーリングが戻ってきたし、チャンピオンシップもトップに立つことができた。わずか2ポイント差だが、次戦9月に行われる最終戦では良い戦いができるだろう」

160705_141

次戦/第6戦は7月2日(土)3日(日)に、スペイン・バスク州で開催されます。

【Day1/決勝結果】

■E1 Results
1, Nathan Watson – KTM
2, Daniel McCanney
3, Eero Remes

7, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Mathias Bellino
2, Alex Salvini
3, Matthew Phillips

7, Taylor Robert – KTM
DNF, C・Nambotin – KTM

■GP Results
1, Mathias Bellino
2, Alex Salvini
3, Manuel Monni
4, Nathan Watson – KTM

11, Taylor Robert– KTM

■EW Results
1, Laia Sanz – KTM
2, Maria Franke – KTM
3, Jane Daniels

【Day2/決勝結果】

■E1 Results
1, Nathan Watson – KTM
2, Daniel McCanney
3, Pascal Rauchenecker

5, Ivan Cervantes – KTM

■E2 Results
1, Mathias Bellino
2, Loïc Larrieu
3, Alex Salvini

5, Taylor Robert – KTM
DNS, C・Nambotin – KTM

■GP Results
1, Mathias Bellino
2, Loïc Larrieu
3, Nathan Watson– KTM

8, Taylor Robert– KTM

■EW Results
1, Laia Sanz – KTM
2, Maria Franke – KTM
3, Jane Daniels

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 212
2, Watson(KTM), 207
3, McCanney , 145
4, Cervantes (KTM), 123

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Phillips 217
2, Bellino, 184
3, Robert(KTM), 166

◎GPクラスポイントスタンディングス
1, Phillips, 181
2, Remes, 153
3, Holcombe, 148

5, Watson(KTM), 142

◎EWクラスポイントスタンディングス
1, Sanz(KTM), 107
2, Daniels, 105
3, Franke(KTM), 100

160705_142

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る